3密を避けて新しい生活様式へ!

盛岡・アイーナが10周年 「あ、いいな」と思われる場所目指して

全面ガラス張りのアイーナ外観

全面ガラス張りのアイーナ外観

  • 0

  •  

 いわて県民情報交流センター「アイーナ」(盛岡市盛岡駅西通1)は5月8日で10周年を迎える。

 同センターは、県立図書館や盛岡免許センターなどの公共施設と研修室や会議室、ホールなどの貸し出し施設が入る複合施設。「新しい時代の多様なニーズに対応し、交流と連携を生み出す施設」などを理念に掲げ、県内情報の発信やイベントなどを行っている。

[広告]

 事業運営チームの岩間崇さんは「図書館や免許センターなどの利用者は多いが、アイーナがどんな場所か知らない人がまだまだいるようにも思える。10周年を機会にアイーナのことをもっと多くの人に知ってもらいたい」と話す。同チームの渡辺章さんは「駅に隣接していることもあり、県外との出会いや交流の場にもなっている。さまざまなニーズに応えられる、日常に密接した公園のような場所であるということを広く周知できれば」と話す。

 5月8日には10周年記念イベントを開催。3階の県立図書館では特別展示「みんなが読んだ岩手のこの本この10年」を5月30日まで開催中。2006年度から2015年度までに貸し出された郷土資料のうち、貸し出し回数上位のものを展示する。

 5階国際交流センターでは「10周年における10個の発見」をテーマに1日に10個のプログラムを用意。気軽に国際交流が楽しめる内容となっている。6階NPO活動交流センターでは、「スポーツ吹き矢体験」「図工教室」などの体験イベントを多数開催。そのほか、同施設に入居している各所でそれぞれの特徴を生かした催し物が行われる。

 岩間さんは「たくさんの施設、団体が集まるアイーナらしい記念イベント。大人から子どもまで誰でも楽しめるので、普段あまり利用しない人も当日にふらっと立ち寄って、楽しそうなものに参加してみて」と呼び掛ける。同施設の愛称「アイーナ」は公募で決まり、「あ、いいな」という言葉が由来。「これからも、多くの人に『あ、いいな』と思ってもらえる場所を目指す」とも意気込む。

 イベントによっては事前申し込みが必要な場合もある。詳細はホームページからも確認できる。

  • はてなブックマークに追加