暮らす・働く

盛岡地域の企業と1対1のオンライン面接会 コロナ禍の就職活動を支援

「もりおかオンライン1on1就職面接会」の流れを説明するイメージ

「もりおかオンライン1on1就職面接会」の流れを説明するイメージ

  • 3

  •  

 盛岡地域の求人企業とオンラインで個別にマッチングを図る「もりおかオンライン1on1(ワンオンワン)就職面接会」が、12月9日と10日に行われる。

 面接会は盛岡市が主催し、学生や若者の就職活動支援などを行う「ジョブカフェいわて」が委託を受けて実施。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、就職活動を行う学生向けの企業説明会などが中止となっているほか、現在も活動を続ける学生は多いという。一方、県内企業でも人材を新しい人材を求めているところは少なくない。

[広告]

 ジョブカフェいわての担当者は「学校側や企業側の担当者などと情報交換を行うと、コロナ禍の影響もあり、学校が学生の就活状況を把握しきれていなかったり、学生からの報告が集まりづらくなっていたりしているという。企業側も学生と出会いにくい状況になり、1人でも多くの求職者と会える機会のニーズがある」と話す。

 こういった状況を受け、岩手県内・盛岡地域で働きたいと考えている学生や若者を内定に導こうと、今回の面接会が企画された。参加対象は2021年3月に卒業予定の学生、U・Iターン希望者、2022年以降卒業予定の学生で、参加企業は盛岡管内に就業場所のある企業となる。

 今回は採用に向けた面接ではなく、企業に関する説明や紹介を行うための面談に近い内容。オンライン会議ツール「Zoom」を使用し、オンライン上で参加者と企業の担当者が1対1で個別に話ができ、参加者の質問や知りたい情報についてじっくりと聞くことができる。面接会後、参加者は企業と日程調整を行ったうえで、見学や採用に向けた応募へと進む。

 参加企業は2日間で全18社。時間は1回につき30分ほどで、タイムスケジュールを組んでいるが、指定の日時での参加が難しい場合は日程調整の相談にも対応する。1社につき1人での面談となるため、参加者が複数いる場合も別日程へ変更する可能性がある。

 同面接会とは別に、ジョブカフェいわての事業としてオンライン面談コーディネートサービス「シゴトバPLUG(プラグ)」もスタートしている。「企業の話を聞く機会が少ない」「就職活動が思うように進まない」といった学生と県内企業などを対象に、オンライン面談の実施調整やサポートを行っている。

 担当者は「今現在就職を探しているという学生の皆さんはもちろんだが、これから就職活動を始めるという皆さんにとっても経験して損のない機会になっていると思う。興味があったら気軽に問い合わせてみてほしい」と話す。

 開催時間は両日共に10時~15時30分。参加無料。参加にはメールもしくは電話(TEL 019-621-1171)での事前申し込みが必要。タイムスケジュールはホームページにも掲載する。

  • はてなブックマークに追加