3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

「ジョブカフェいわて」がウェブ相談をスタート 就活中の不安解消をサポート

ホームページ上でもウェブ相談の開始を伝える

ホームページ上でもウェブ相談の開始を伝える

  • 2

  •  

 学生や若者の就職活動支援などを行う「ジョブカフェいわて」(盛岡市菜園1)は3月26日、インターネットのオンライン会議システムを活用したウェブ相談をスタートした。

 同施設では先月、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、企業説明会が中止になっていることから、2021年卒業の学生を対象とした「いわてで働こう!WEB合同企業説明会」を実施。オンライン会議システム「zoom(ズーム)」を利用し、就活生らが参加企業から説明を受け、企業側からも学生たちからも良い反応があったという。

[広告]

 ウェブ相談は合同説明会の成功を受けてスタート。これまでも、来館が難しい利用者を対象に電話やメールでの就職相談に対応してきた。一方、電話やメールではエントリーシートなど必要書類の確認がすぐにできない、面接練習ができないといった課題もある。ウェブ相談であれば、カメラや画面共有機能を使って書類データのやり取りができ、表情を確認しながら面接練習もできる。

 原則として実施希望日の3日までに申し込みが必要。専用のフォームか電話で受け付ける。申し込み後、前日までに利用者へメールで参加用のURLを送付。利用者はインターネットにつながったパソコンやスマートフォン、カメラ、アプリなどの事前準備を行う。相談当日は事前に送付したURLからオンラインルームに入室し、担当のカウンセラーが相談や面接練習に対応する。相談時間は来館利用時と同じく50分。

 「ジョブカフェいわて」では基本的に来館での相談に対応し、現在は新型コロナウイルス感染症に対する対策も強化。入館時には体温測定を行うほか、こまめな手洗いや手指の消毒、咳(せき)エチケットの徹底、できる限りのマスクの着用について協力を呼び掛ける。

 加えて、37.5度以上の発熱など体調がすぐれない人、感染の拡大がみられる首都圏および関西圏等に直近2週間以内で出掛けた人・滞在歴がある人と接触した人、来館日から2週間以内に外務省が決めた感染症危険情報(レベル2以上)国や地域への渡航歴がある人・渡航歴がある方と接触した人は入館できない。

 担当者は「県外、特に首都圏から戻った学生や若い世代の皆さんは外出自粛となっているため、『どこに相談したらいいのだろう』と考えているかと思う。対面での相談を中止している施設もあるので、不安を抱えている人も多いと感じている。それを解消するサポートができれば。まずは気軽に相談してもらいたい」と呼び掛ける。

 ウェブ相談は来館日と同じく日曜・祝日を除く10時~18時で対応。問い合わせは「ジョブカフェいわて」(TEL 019-621-1171)まで。

  • はてなブックマークに追加