天気予報

17

6

みん経トピックス

盛岡で大宮エリーさん朗読会盛岡町家のお化け屋敷今年も

盛岡で「50mダッシュ王選手権」初開催へ 世代超え楽しむイベント目指して

盛岡で「50mダッシュ王選手権」初開催へ 世代超え楽しむイベント目指して

「皆さんの参加を待っています」とIWATEトラック&フィールドクラブの皆さん

写真を拡大 地図を拡大

 岩手県営運動公園陸上競技場(盛岡市みたけ1)で7月30日、「50mダッシュ王選手権inみたけ」が開催される。

 主催は、盛岡を拠点に子どもたちに向けてランニングなど陸上競技を指導するスポーツクラブ「IWATEトラック&フィールドクラブ」。現役競技者のヘッドコーチのほか盛岡大学の学生がコーチとして参加し、学生が指導者として学ぶ機会をつくり、学生と共に県内のスポーツを盛り上げる活動を行っている。その一環として一般向けのスポーツイベントができないかと考えていたところ、ヘッドコーチから提案があり今回の企画に至ったという。

 クラブを運営する「Anillo(アニージョ)Sportエンターテイメント」の阿部晋太郎さんは「県外で同様のイベントが行われているが、岩手ではまだ行われていない。さらに、競技者向けのイベントや大会はあるが一般向けのものも少ない。50メートル走なら大人も子どもも一緒に走れる距離なので、世代を超えて楽しく競えるではないかと考えた」と話す。

 選手権では50メートルを2回走り、年齢や性別などの出場クラス別と全クラス総合した「ダッシュ王」を決定する。まずはファーストステージで、参加者を年齢・性別に分けて測定。続いてセカンドステージではファーストステージの成績順に出走順を決め、世代を超えてタイムを競い合う。最後には「お楽しみリレー」も実施。1周400メートルのトラックを、参加者同士が4人1チームとなってバトンをつないで走る。ダッシュ王には優勝メダル、参加者には記録証と参加賞が贈られるほか、スポーツグッズが当たる抽選会も行われる。

 阿部さんは「選手として陸上競技場に立つ子どもは限られて、競技場で走ったことがないという子の方が多い。大人になるとなおさら、トラックを走る機会はほとんどなくなってしまう。普段はなかなか走れない場所で、一人一人が選手として楽しめる1日になれば。皆さんの参加を心から待っている」と呼び掛ける。

 参加費は500円。定員は200人。申し込みは専用フォームから受け付ける。締め切りは7月27日。

グローバルフォトニュース