買う

盛岡駅前で「開運笑店街」フェア 招き猫探しスタンプラリーも

「駅前商店街で招き猫と開運を見つけて」と振興組合の皆さん

「駅前商店街で招き猫と開運を見つけて」と振興組合の皆さん

  • 20

  •  

 盛岡駅前商店街で1月10日、「盛岡駅前開運笑店街フェア」が始まった。

[広告]

 新型コロナウイルス感染症対策を徹底した上でイベントなどを行う商店街を支援する「がんばろう!商店街事業(旧Go To 商店街事業)」の採択を受けて行う。企画は2年前に始まったが、感染拡大の影響で同事業が停止したことで開催のめどを立てられずにいたという。

 「やっと開催できる」と実行委員長の高橋大さん。「商店街に来てもらうきっかけをつくるとともに、盛岡駅前商店街全体で一体感を出し、いろんな店に立ち寄ってもらおうと、商店街を回遊してもらう仕組みを考えた」と話す。

 これまで、商店街から近い「開運橋」にちなみ、「開運」をテーマにしたさまざまな活動を行ってきた。今回は同商店街振興組合に加盟する32店が参加し、うち29店で開運にちなんだ商品を販売。飲食店や美容室、薬局、コンビニ、ホテルなど幅広いジャンルの店が参加し、縁起の良い食材を使ったメニューや、気分が上がるようなコース、福袋付きの宿泊プランなど、店の特徴を生かした「開運商品」を提供する。

 開運商品の購入者には「開運くじ」を配布。スクラッチを削って大吉が出たら「開運特典」として岩手県産品、中吉が出た場合は南部せんべい1枚を進呈する。

 参加全店舗では「開運招き猫スタンプラリー」を実施。スタンプラリーは、商店街内にある「盛岡駅前開運神社」から招き猫が逃げ出したというコンセプトで、参加者は各店舗に現れた招き猫をスタンプラリーで捕まえる。スタンプは全32種類で、5匹集めると招き猫の絵柄が付いた「絵馬」ならぬ「絵猫」を贈呈。スタンプラリーカードは参加店舗で配布し、絵猫は先着200枚限定。

 振興組合事務局の本多素雄さんは「コロナ禍で商店街の店は業種問わず苦しんできた。それを払拭するためにも、開運笑店街フェアでもう一段にぎわいを取り戻したい。開運商品とスタンプラリーで楽しんで」と呼びかける。

 開運くじとスタンプラリーカードはなくなり次第配布終了。参加店の情報はウェブサイトと各種SNSで発信する。今月22日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース