食べる

盛岡に「地元びいき」のスポーツカフェ スポーツ応援文化を根付かせて

「オンリーワンダー盛岡店」外観。外からも物販コーナーが見える

「オンリーワンダー盛岡店」外観。外からも物販コーナーが見える

  •  

 岩手のプロスポーツや地元出身選手の試合を観戦できるスポーツカフェ「オンリーワンダー盛岡店」(盛岡市大通1)が6月30日、オープンした。

店内には120インチのスクリーンも

 同店を運営する「オンリーワンダー・エモーションズ」の代表の筒井一海さんは関東出身。「地元ではプロスポーツチームを一緒になって応援する文化が根強かったが、岩手は地元チーム盛り上げる力が弱いと感じていた」と話し、「全国的に注目されているチームや選手もいるのにもったいない。応援する楽しさを知ってもらい、チームや選手の認知度向上やスポーツを通じた地域振興につなげていきたい」と意気込む。

[広告]

 店内には120インチスクリーンと55インチモニターを完備し、サッカーJ3「グルージャ盛岡」やバスケットボールB3「岩手ビッグブルズ」の試合を中心に、岩手出身選手が出場する競技などを優先的にライブ上映する。提供するメニューは朝・昼・夜で異なり、朝はロールパンサンドやコーヒーなどのライトミール、昼はパスタなどの軽食とパンケーキやワッフルといったスイーツ、夜はアルコール類を中心としたバーメニューをそろえ、4種のクラフトビールも提供する。

 スポーツチームのユニホームやタオルなどの応援グッズを販売するコーナーも設け、現在は「グルージャ盛岡」のグッズを中心にそろえる。シーズンスタートの秋ごろに向けて「岩手ビッグブルズ」のグッズも増やしていく。普段から気軽に立ち寄れるカフェとしても親しんでもらうと共に、サポーターらの集まりの場としての利用も目指し、試合結果と連動した企画や選手も参加するイベントの開催も考えている。

 筒井さんは「応援しようとスタジアムへ足を運ぶには敷居の高さや不安もあると思うので、スタジアムにいる気分で飲んだり食べたりしてもらいながら会場の雰囲気をつかんでもらって、スタジアムへ足を運ぶきっかけにしてもらえれば。地元のスポーツを皆さんと一緒に楽しんで応援したい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は7時~22時(土曜・日曜・祝日は10時30分~)。