天気予報

2

-4

みん経トピックス

盛岡発「初恋」りんごジャム「いわて仕事物語」完成

盛岡で高橋克彦版「四谷怪談」舞台ビデオ上映 17年前の作品を現代に

盛岡で高橋克彦版「四谷怪談」舞台ビデオ上映 17年前の作品を現代に

高橋克彦版四谷怪談録画ビデオより舞台の一場面

写真を拡大 地図を拡大

 もりおか町家物語館(盛岡市鉈屋町)で12月10日、「高橋克彦版 四谷怪談」の舞台ビデオが上映される。

 上映会は同館の名誉館長を務める高橋克彦さんの盛岡市市勢振興功労者受賞記念と古希を祝って企画されたもの。「高橋克彦版 四谷怪談」の舞台は2000年に上演され、その様子がビデオに録画されていた。そのビデオを久しぶりに見た高橋さんから「今見ても面白かったので、いつか町家物語館で上映会をしたい」という話があり、記念すべき出来事が続いたことから、今回行われることとなった。

 同館の佐藤義見館長は「上映するビデオは当時の関係者の一部が持っている貴重なもの。舞台が映像として残っているのも珍しいが、何よりも古いビデオの映像や質感を、デジタル化が進む現代で楽しむというのも面白いと思う」と話す。

 上映するビデオは舞台をノーカットで撮影したもの。脚本を道又力さんが担当し、現在も盛岡で活動する役者やアナウンサーらのほか、高橋さん本人も特別出演している。上映会当日は高橋さんと、舞台でお岩役を務めた村松文代さんによるトークショーも予定している。

 同作品について佐藤館長は「一番の見どころはやはりラストシーンだと思うが、見てのお楽しみ。作品の質自体が非常に良く、工夫を凝らした場面や演出は今見ても古さを感じない」と話し、「当時の舞台を見た記憶がある人はもちろんだが、見たことがないという皆さんにぜひ見てもらいたい。映像は少し荒いが懐かしさを感じに来て」と呼び掛ける。

 上映時間は11時~と15時~の2回。1回目は上映後、2回目は上映前にトークショーを実施する。チケットは前売り=1,200円、当日=1,500円。同館とカワトク、プラザおでって、いわてアートサポートセンター風のスタジオで取り扱うほか、ウェブ予約も受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大きなライオンや白鳥など動物のはく製に触れる生命の展示(「桜井記念 視覚障がい者のための手で見る博物館」)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング