天気予報

3

-1

みん経トピックス

盛岡の食堂でギフトフェア盛岡のライブハウス15周年

盛岡・八幡町に自然食ランチのカフェ 「食べて元気に」をコンセプトに

盛岡・八幡町に自然食ランチのカフェ 「食べて元気に」をコンセプトに

「体に優しいご飯を一緒に楽しみたい」と木山さん

写真を拡大 地図を拡大

 マクロビオティックのランチメニューを提供する「テラカフェ」(盛岡市八幡町)がオープンして2カ月がたった。

 店長の木山純子さんは奈良県出身。東北が好きという理由で今年1月に盛岡へ移り住んだ。肉類や乳製品を使わないマクロビオティック料理や薬膳料理の教室を開き、講師として活動していたが、盛岡では教える人と学ぶ場が少ないと感じていたという。料理教室以外の方法でも体に優しい食事の良さを広めるために飲食店にも挑戦したいという思いと周囲からの助言もあり、8月に同店をオープン。すでにリピーターも多い。

 木山さんは「東北で暮らす皆さんのゆっくりした人の良さや、食材のおいしさ、豊かさに引かれていた。関西や首都圏ではマクロビオティックや自然食に関する店やセミナー、情報も多い。盛岡には店はあっても、作り方を教える人はあまりいない。いざ自分で作ろうと思っても難しいもの。料理を教えることや提供することで何かしらの良さを伝えられたらという気持ちがあった」と話す。

 提供する料理は野菜や穀物を中心に動物性食品や化学調味料を使わず、野菜のうま味や自然の味を生かして調理しシンプルに仕上げる。メニューは、ご飯と汁物に3~5品のおかずが付いたAランチ(1,080円)と飲み物が付いたBランチ(1,280円)、デザートが付いたCランチ(1,480円)がメイン。その日に仕入れた野菜などから献立を考え、おかずの内容は日替わり。火曜限定のカレーや水曜限定のフレンチトーストなど数量限定メニューも用意し、11月からはおにぎり2個と汁物、漬物がセットになった「一汁三菜癒膳(ゆぜん)」も提供する。席数カウンター6席で、店内では野菜や穀物コーヒーなども販売する。

 木山さんは「食べることは人生を豊かにする入り口の一つ。私はたまたま食だったが、さまざまな方法を使って、穏やかで幸せに暮らす方法を考えている人がいる。他の分野で活動する人と協力しながら店を発展させていきたい」と意気込み、「食べることで元気になってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~15時(ラストオーダー)。金曜・土曜・祝日定休。料理教室開催時なども休む場合があり、詳しい営業日はホームページで発信している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

素材になったエプロンとブックカバー。左がモスグリーン、右がネイビー
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング