天気予報

4

-3

みん経トピックス

盛岡伝統さんさ自由浴衣組滝沢市地域人材育成セミナー

盛岡・ベアレンビールで「ビールと気持ちを贈る」コネクトカード 来店客らつなぐ

盛岡・ベアレンビールで「ビールと気持ちを贈る」コネクトカード 来店客らつなぐ

掲示されたコネクトカード。「Cheers」が贈る側、「Thank you for」がお礼のメッセージ

写真を拡大 地図を拡大

 盛岡のビール製造会社「ベアレン醸造所」(盛岡市北山1)が直営する「ビア&ヴルスト ベアレン」(盛岡駅前通1、TEL 019-601-5069)で、ポイント制でビールが無料になる「コネクトカード」を配布している。

カードはレンガをイメージした3種類の色を用意

 同カードはビール1杯で1ポイント、5ポイント集めるとビール1杯分の無料券として使用できるが、自分で使うのではなく、他の来店客へプレゼントする仕組み。発案者は同店の三上亨店長。関東圏のカフェや飲食店で同様のサービスを行っていることを知り、盛岡では行われていないこともあり企画した。カード名の「コネクト」には「つなぐ」という意味があり、同社の嶌田(しまだ)洋一専務が昨年出版した「つなぐビール」にもかけている。「ビールがつなぐ、いっぱいのきもち」をキャッチコピーに、「ビール1杯でたくさんの気持ちをつなぎたい」という思いを込めた。

 特定の個人へ贈るのはルール違反となり、カードのポイントが貯(た)まった人は「盛岡出身の人」「夏が好きな人」など受け取る相手の条件を記入し店員へ渡す。カードは店内のコルクボードに貼り出され、来店客はその中から自分に合うカードを見つけて使用、使った人は相手に対してのお礼のメッセージを記入し、そちらもボードへ掲示する。カードは茶色を基調とした3色。同社の工場の赤レンガをイメージし、いずれは店内の壁にもレンガのように貼り出していく予定。

 5月末から配布を開始し、配られたカードは500枚を超え、県外から来た観光客や外国人も参加しているという。同店スタッフの佐々木恵衣さんは「お客さまに説明しても最初はなかなか伝わらなかったが、今は『面白いね』と利用する人が多い。お客さま同士の新しいコミュニケーションの形として着実に広まりつつあると感じている」と話す。

 ボードには30枚以上のカードが掲示され、「社会人1年目の人へ」や「同じ名前の人」のほか、「好きな人がいるけど告白できない人、頑張れ!」や「自転車で400km以上走った人。ご一緒しましょう!」などユニークなメッセージも並ぶ。お礼のメッセージも40枚ほどが貼り出され、「お仕事頑張った人へ」というカードに対して「仕事が終わって、こんなにおいしいビールが飲めるなんて。ありがとう」という返信が添えられていた。

 佐々木さんは「カードを使って、次に来る楽しみにもしてもらえたらうれしい。知らない人と思いがけずつながる体験をたくさんの人に知ってほしい。ぜひ参加して」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~23時。カードは同店でのみで使用可能。

グローバルフォトニュース