三鉄が開業記念イベントで「鉄道むすめサミット」-達増知事も出席へ

写真は久慈ありすをキャラクターにした「開業25周年記念オリジナルバッジ」

写真は久慈ありすをキャラクターにした「開業25周年記念オリジナルバッジ」

  •  

 岩手県の第三セクター鉄道「三陸鉄道」(本社=宮古市、TEL 0193-62-8900)は11月1日、開業25周年記念イベント「秋のさんてつ祭り」を開催する。

 久慈市駅前の「やませ土風館」(久慈市)と同駅前広場、同鉄道北リアス線運行本部(同)を会場に行われる同イベントは、同鉄道のグッズ販売や鉄道用品の掘り出し市などを行うほか、「全国鉄道むすめサミット」を開催。

[広告]

 サミットでは、同鉄道のキャラクター久慈ありすが「所属」する「鉄道むすめシリーズ」を展開するトミーテック(栃木県)の森山勇治さん、東京工芸大学芸術学部准教授の伊藤剛さん、達増拓也岩手県知事の3人が「カワイイが地方を救う」をテーマにトークセッションを繰り広げる。

 会場となる「やませ土風館」では、久慈ありすのシークレットフィギュアを限定20個、開業記念バッジ(2,500円)を限定500個販売するほか、久慈ありすのバースデーパーティーも開く。

 開催時間は10時~15時で、鉄道むすめサミットは10時30分~。3会場とも入場無料だが、バースデーパーティーのみ有料(500円)。