見る・遊ぶ

盛岡動物公園と商業施設がコラボ 夏休み家族向けイベント開催へ

メインキャラクターは動物招きライオンの「来恩くん」。「来てくれたら恩に着るよ」と

メインキャラクターは動物招きライオンの「来恩くん」。「来てくれたら恩に着るよ」と

  •  

 盛岡市動物公園(盛岡市新庄)で7月21日・22日、「もりおかのナツヤスミ~SPECIAL Zoo days~(スペシャルズーデイズ)」が開催される。

 同イベントは盛岡市と盛岡駅ビル「フェザン」による初の共同事業。来場者が減少傾向にある同園の新たな活用法を模索するとともに、駅ビルとしても屋外イベントへの挑戦や客層拡大を図り、周辺地域の活性化へつなげることを目標とする。実行委員会には盛岡市動物公園公社と、同駅ビルを運営する盛岡ターミナルビルのほか、市公園みどり課と、市民有志らが市内の公園活用について考える「もりおか公園活性化交流広場」が加わる。

[広告]

 イベントは「アクティビティ」「カルチャー」「グルメ」の3つのテーマに合わせたコンテンツで構成。「アクティビティ」は、園内約30か所に設置されたポイントを巡り写真撮影をしながら得点を競う「フォトラリーZOOロゲイニング」や、園内のコースを走るトレイルランニング大会などを行う。

 カルチャーでは、園内のチェックポイントを回り謎解きをする「謎解き脱出ゲーム」や絵本の読み聞かせ会を予定。「謎解き脱出ゲーム」の問題は「さわや書店」が担当し、岩手や盛岡、動物などについても学べる内容となっている。「グルメ」のコーナーではさまざまな料理がそろうグルメストリートやベアレンビアガーデンを予定している。

 盛岡ターミナルビルの担当者は「家族向けのコンテンツが多いが、恋人や友人同士でもワイワイと楽しめるイベントになっている。動物公園と商業施設が互いに協力することで、プラスになる効果を生み出したい。動物公園で特別な夏休みを過ごして」と呼び掛ける。

 前売り券は、大人(高校生以上)=400円、中学生以下は無料。「フェザン」のインフォメーションと「さわや書店」2店舗、インターネットで取り扱う。トレイルランニング大会への参加は事前申し込みが必要。参加費は、大人=3,000円、小・中学生=2,000円。特設ホームページで7月12日まで受け付ける。定員は、大人150人、小・中学生50人。