買う

「あまちゃん半纏」予想超える売れ行きに-盛岡の老舗染物店が製造

「私は海に潜れませんが」とはんてんを着て撮影に応じてくれた社員

「私は海に潜れませんが」とはんてんを着て撮影に応じてくれた社員

  •  

 盛岡市内の染物店が製造している「あまちゃん半纏(はんてん)」と「あまちゃんTシャツ」が予想を超える売れ行きを見せている。

 現在NHKで放送されている朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のタイトルロゴがプリントされたはんてん、Tシャツを製造しているのは「巴染工」(盛岡市紺屋町、TEL 019-622-5334)。ドラマを見た同社社長の東條誠さんがすぐにファンになり自社の製品で関連商品を作りたいと考えたという。同社は明治時代創業の老舗染物店だが自社で企画商品を製造するのは初めて。同局からタイトルロゴ使用の許諾が下りて5月下旬に製造を始めた。

[広告]

 ロケ地となった久慈市内のほか、盛岡市内の観光施設、土産店、デパートや銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で扱っている。値段は「あまちゃん半纏」「鉢巻手拭」「帯」がセットになって5,000円。サイズの小さい子ども向けは4,500円。「あまちゃんTシャツ」は白と紺があり2,000円。「あまちゃん手拭」は赤と紺があり600円。はんてんや手拭いは職人の「本染め」。

 商品を扱っている「盛岡手づくり村」(盛岡市繋)の早坂裕美さんは「売れ行きは上々。お土産などで買って行かれる方や県外からの注文も入る」と語る。東條さんは「約1カ月で9月までの製造目標を超えてしまった。欠品が出ないように製造を頑張りたい」と意気込む。