天気予報

2

-4

みん経トピックス

盛岡の作家がゲームイラスト盛岡で南部鉄器展

「盛岡さんさ踊り2016」開幕 夏の夜彩る4日間

  • 0
「盛岡さんさ踊り2016」開幕 夏の夜彩る4日間

パレードの先頭を彩る笑顔のミスさんさ

写真を拡大 地図を拡大

 盛岡の夏の風物詩「盛岡さんさ踊り2016」が8月1日、開幕した。

 39回目を数える今年は、4日までの期間中に254団体、約3万4500人が参加する。初日となった1日は天候が心配されたが、パレードは予定通り18時に岩手県公会堂前を出発。華やかな「ミスさんさ踊り」たちを先頭にした踊り手たちの列は、一糸乱れぬ群舞を披露しながら主会場となる中央通を約1キロ練り歩いた。会場には力強い太鼓と軽快な笛の音、「サッコラチョイワヤッセー」の明るい掛け声が響き渡り、沿道には県内外から多くの観客が集まり、笑顔で舞う踊り手たちに熱い声援と拍手を送った。

 期間中は毎日、最優秀賞、優秀賞、パフォーマンス賞、優秀花車賞の受賞団体を発表。公式ブログで確認できる。

 サブ会場の「盛岡市民文化ホール」(盛岡駅西通2)と「盛岡駅前滝の広場」では連日、「伝統さんさ踊り競演会」を開催。ミスさんさ踊りとさんさ太鼓連による踊りと、市内各所の団体による昔ながらの伝統さんさ踊りを楽しむことができる。

 最終日は「和太鼓同時演奏」で世界記録となった「世界一の太鼓大パレード」と、誰でも参加できる「大輪踊り」でグランドフィナーレを迎える。

 パレードの開始時間は各日18時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大きなライオンや白鳥など動物のはく製に触れる生命の展示(「桜井記念 視覚障がい者のための手で見る博物館」)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング