三陸特産のイカ使ったご当地バーガー「烏賊玄米バーガー」、人気に

イカに切れ目を入れるなど食べやすさを追求した「烏賊玄米バーガー」

イカに切れ目を入れるなど食べやすさを追求した「烏賊玄米バーガー」

  •  
  •  

 三陸沿岸のイカと岩手県産の玄米を使ったご当地バーガー「烏賊(イカ)玄米バーガー」が人気を集めている。

 同品は、イカフライにレタス、タルタルソースを玄米をベースにしたバンズで挟んだもの。イカはスルメイカで、タルタルソースも専用のものを用意した。

[広告]

 企画したのは岩手県の釜石地方振興局で、井戸商店、佐々木二平商店、パン工房アンデルセンの釜石市内の業者3社が共同で製造する。

 「スルメイカは熱を通すと固くなるが、製法を研究してやわらかく食べられるようにした。食べるとプツンとかみ切れる感じで、バンズと一緒にうまくかみ切れる」と話すのは企画を担当した水産部の鈴木寛人さん。ボリュームも十分で、「大人の男性でも、これ一つでおなかは満足するはず」と話している。

 今月8日の夏祭り「釜石よいさ」で試験販売したところ、限定150個が2時間で完売するほどの人気だった。鈴木さんは「5月に発売したご当地バーガー『チョウザメバーガー』に引き続き、受け入れられてよかった」と、ホッとした様子をみせる。

 価格は1個280円。現在は佐々木二平商店、サンパルク釜石(釜石市)で販売するが、今後は盛岡市内での販売も計画しているという。

  • はてなブックマークに追加