盛岡中心市街地に大型商業施設「クロステラス盛岡」-今秋オープンへ

今年9月のグランドオープンを予定する「クロステラス盛岡」の外観イメージ

今年9月のグランドオープンを予定する「クロステラス盛岡」の外観イメージ

  • 0

  •  

 盛岡市の中心市街地に今年の秋、大型商業施設「クロステラス盛岡」(盛岡市大通3)がオープンする。

クロステラス盛岡の外観西側

 場所は大通商店街の駅側入り口そばで、これまで駐車場として運用されてきた面積5,424平米の土地。事業を手がけるのは三田農林(盛岡市中央通1)で、総工費約25億円をかけて地上4階建て、総床面積1万5,800平方メートルを建設する。地上1階と2階は商業テナントエリアで、3階と4階、屋上は250台を収容する駐車場になる。建築には創業者が盛岡に縁のあることから、鹿島建設を構想段階より指名した。

[広告]

 同施設は大通や盛岡駅に抜ける3カ所のエントランスが特徴で、同社取締役の三田林太郎さんは「駅と街中を結ぶ『抜け道』のように利用してほしい」と話す。

 出店するテナントは約30店を予定しており、1階バス通り側は飲食店、そのほかの面にファッションや雑貨、サービス系などが出店。出店テナントの県外と県内の割合は6対4になるという。「県内初のテンナントも含まれる」(三田さん)とも。

 三田さんは「大型の商業施設とはいえ、実際のお客様は半径1~2キロ以内が中心となるはず。今は中心市街地から郊外に客足が遠のいているが、この施設を契機に地場の顧客を押さえていきたい。ターゲットは近隣住民」と言い切る。「年齢層がやや高めになることを意識して、品質やプライスは(イオンなどの)SCよりは良いもの、百貨店よりはリーズナブルなものをそろえていく」とし、「『これからは街中(まちなか)』と言われるようにしたい」と話す。

 すでに工事は今月から始まっており、営業開始は今年9月を予定する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース