学ぶ・知る

防災の日に「盛岡市シェイクアウト」今年も コロナ禍でも防災意識高めて

昨年のシェイクアウトの様子。机の下に身を隠す市の職員

昨年のシェイクアウトの様子。机の下に身を隠す市の職員

  • 16

  •  

 盛岡市は9月1日の11時から、市全域を対象とした一斉防災訓練「シェイクアウト」を実施する。

 シェイクアウトは2008(平成20)年にアメリカで始まった地震に備えるための防災訓練。参加者は地震災害を想定し、指定された日時にそれぞれの場所で、自分の身を守る安全確保行動を一斉に行う。「シェイクアウト」は「地震の揺れに備えろ」という掛け声をイメージした造語で、日本では「一斉防災訓練」という意味でも通用している。

[広告]

 盛岡市では2016(平成28)年から、毎年9月1日の「防災の日」に合わせて実施し、今年で5回目となる。昨年は5万9458人が参加。年々参加者が増加しているという。当日は11時に震度6の地震が発生したと想定し、「ラヂオもりおか」の放送、岩手県が運用する「いわてモバイルメール」からのメール配信、スマートフォンアプリ「ヤフー防災速報」のプッシュ通知を合図に訓練をスタート。参加者は職場や学校、自宅など、自分がいるその場で「姿勢を低くする」「頭を守る」「動かない」の3つの安全確保行動を取る。

 市ではシェイクアウト終了後に、避難訓練や防災学習、備蓄品・危険箇所の確認、応急救護訓練などを行う「プラスワン訓練」の実施も推奨。参加者向けのアンケートも用意している。昨年のアンケートには「手軽に実施できるので定期的に行うべきだと思った」「市民みんなでやるという緊張感と参加しているという実感が持てて良かった」「何度か参加しているので違和感なく参加できた」といった声が寄せられている。

 訓練参加者の事前登録も行い、市ホームページの専用フォームのほか、参加登録票に記入の上、郵送またはファクスでも受け付けている。実施日時も都合に合わせて8月25日から9月8日の間で変更でき、訓練用音源の提供も行っている。

 市危機管理防災課の担当者は「シェイクアウトは自分がいる場所で、自分の身を守る安全行動を取るというのがメインの訓練。基本的に人が集まる必要はないので、コロナ禍の中でも実施しやすい内容だと思う。プラスワン訓練については感染症対策を行いながら取り組んでもらいたい。こうした状況の中でも防災意識を高めてもらえれば」と呼び掛ける。

 参加登録は8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加