暮らす・働く

盛岡中央通にレンタルオフィス リージャスグループが盛岡初進出

施設1階のコワーキングスペース部分とラウンジ

施設1階のコワーキングスペース部分とラウンジ

  •  
  •  

 レンタルオフィス事業などを手掛けるリージャスグループが運営する「リージャス盛岡中央通ビジネスセンター」(盛岡市中央通1)が1月7日、オープンした。

2つの机が並ぶ小規模タイプのレンタルオフィス

 同グループは世界100カ国以上、1000都市を超える地域で事業を展開する業界最大手。岩手には初進出で、東北エリアでは仙台と青森に次いで3都市目となる。グループの日本代表を務める西岡真吾さんは「いずれは全国展開することを目標とし、2、3年ほど前から物件探しは行っていた。新幹線の駅もあり、交通の利便性も高い盛岡は重要なマーケットの一つ。北東北エリアの中心的な存在だと考える」と話し、「仙台の拠点を利用している皆さんから『なぜ盛岡にないのか』と要望が多かったのも一つの理由となっている」とも。

[広告]

 今回オープンしたレンタルオフィスは中央通沿いにあるビルの1階~3階部分で、1人用の小さな部屋から4~5人で利用できる大きな部屋まで広さの異なるオフィス全51室のほか、会議室やデスク単位で契約できるコワーキングスペースを備える。家具は備え付けで、インターネット環境も整備され、会員が無料で利用できるカフェスペースや複合機も用意。平日は受付にスタッフが常駐し、郵便物の受け付けや電話の取り次ぎ、来客対応などを行うサービスも利用できる。

 レンタルオフィスは月額2万円台からで部屋の広さや間取りなどによって料金が異なる。最短1時間単位から借りることも可能で、県外企業の出向先や外資系企業の受け入れ先としての利用以外にも、個人事業主や起業を目指す人の少人数での利用、小規模オフィスの移転先、短期プロジェクトでの利用などさまざまな需要に対応する。

 今年の夏には市内2拠点目となる「オープンオフィス盛岡大通」も開設予定。今後も事業所を増やしていく考えもある。西岡さんは「初進出ということで、まだまだ知名度も低く、苦戦するかと思っていたがオープン前から多くの問い合わせがあり、驚きとともにうれしく思っている。このオフィスの魅力は全てがワンストップであること。家具もインターネットも必要なものがそろい、パソコン1台あればその瞬間からオフィスが立ち上がる。要望に合わせたフレキシブルな対応もできるので、ぜひ一度内覧して、気軽に相談してもらえれば」と呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加