学ぶ・知る

盛経2018年PVランキング1位は「福田パンのお菓子」

年間PVランキング1位となった福田パンがモチーフの「あんバターサンドクッキー」。

年間PVランキング1位となった福田パンがモチーフの「あんバターサンドクッキー」。

  •  
  •  

 盛岡経済新聞の2018年PVランキング1位は、「盛岡の『福田パン』がお菓子に 人気のあんバターサンドをモチーフに」となった。

 ランキングは今年1月1日から12月13日までに配信したヘッドラインニュースのPV数を集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 盛岡の「福田パン」がお菓子に 人気のあんバターサンドをモチーフに(1/5)

2. 盛岡市内で閉店・取り壊しの話題相次ぐ 旧市街地に変化の波(2/8)
3. 盛岡八幡宮でビアフェスティバル 昔ながらの街に活気呼び込む(7/4)

4. 盛岡「六分儀」跡に喫茶店「羅針盤」 「豊かさ」を感じ、心落ち着ける場所に(7/12)

5. 盛岡に「ことりでアイスクリーム」 2児の母が開業、「安心できるおやつと場所を」(5/16)

6. 妖怪「おいでよ岩手」がLINEスタンプに 岩手愛あふれるツイートが話題(5/22)

7. 盛岡に「日本酒ライフスタイル専門店」 飲む人に合わせた日本酒提案(9/4)

8. 「八幡平トラウトガーデン」再開へ 気軽にアウトドア楽しむスポットへ(7/10)

9. 「さいとう・たかを ゴルゴ13」盛岡展スタート 連載50周年記念で貴重な資料も(7/23)

10. 「パンコレクション2018inもりおか」開催へ 県内最大級のパン祭り(5/23)

 1位となったのは、「盛岡市民のソウルフード」とも呼ばれる「福田パン」の人気メニュー「あんバター」をモチーフにした菓子「あんバターサンドクッキー」の話題。プレーンクッキーにあんバター風味のクリームを挟んで、コッペパンでサンドする福田パンを再現している。クリームにはフレークが入っていて、サクサクとした食感も楽しめる。昨年12月に盛岡駅構内などで販売されるとツイッターで情報が拡散され人気に。記事掲載後も「これお土産で頂いてめちゃくちゃおいしかった!!東京で売ってーー!!」「食感がザクザクしててとても美味しかったので見つけたらまた買う」(原文ママ)といった感想が集まった。

 2位には2017年から続く老舗の閉店や歴史ある建物の取り壊しを伝えるニュースがランクイン。一方で、4位には2017年11月に閉店した「六分儀」跡地にオープンした喫茶店「羅針盤」、7位には古い店舗を改装した日本酒ライフスタイル専門店「盛岡十一屋」といった、古い建物を生かす取り組みにも注目が集まる。8位にも2013年から休業を続けていた八幡平市の「八幡平トラウトガーデン」が再開した話題が入っている。

 3位、9位、10位には肴町や八幡町などでのイベントを取り上げたニュースがランクインし、今年1年の街のにぎわいを伝えた。5位には「子どものとりでになりたい」という思いで、「子どもが安心して食べられるおやつ」をコンセプトにオープンしたアイスクリーム店、6位はツイッター上で岩手の魅力を発信する妖怪「おいでよ岩手」といったユニークな話題も人気となった。

 街の変化を取り上げるニュースを筆頭にバラエティーに富んだニュースが多かった今年の盛岡。盛岡経済新聞では来年も盛岡の街がより楽しく思えるような地域の話題を伝えていきたい。

SmartNews Awards 2019