乗馬施設で「癒しのライブ」-プロ声楽家と落語家が異色コラボ

写真は盛岡市出身の声楽家、一條静子さん

写真は盛岡市出身の声楽家、一條静子さん

  • 0

  •  

 滝沢村の「馬っこパークいわて」(滝沢村)で7月24日、声楽と落語が融合したライブイベントが行われる。主催は「癒し空間ソアン」(TEL 090-2278-1490)。

 「歌と落語のスペシャルライブ 一條と柳家一琴」と題した同ライブは、盛岡市出身の声楽家・一條静子さんと柳家一門の真打・柳家一琴さんの2人が歌と落語、江戸切り紙芸をそれぞれ披露するもの。ライブは、柳家一琴さんが毎年行っている北海道・東北巡業の旅を知った一條さんが声をかける形で実現。前日の23日には市内の介護施設などでも同様のライブを行うという。

[広告]

 一条さんは盛岡市出身で、国立音楽大学声楽科を経てソリストとして活躍。遠野の民話を題材にした「とおぬっぷの《遠野》語り歌」では、日本の音楽の新しい世界を切り開いた。柳家一琴さんは、1988年に柳家小三治一門に入門。2001年に真打に昇進し、「ビートたけしの作り方」などテレビやラジオ、映画でも活躍。2004年には文化庁の「国語の向上」の講師も務めている。

 主催するソアンの佐藤充子さんは「一条さんの歌は聴いていて元気になる。少し心を病んでいる人にはぜひ聴いてほしい」と話す。

 会場では、「馬っこパークいわて」でボランティアをしている障害者授産施設「りんりん舎」や「みのりホーム」の入所者らが作る手作りクッキーやコーヒーなどの販売も行う。

 開演は14時。入場料は1,500円。チケットは盛岡の百貨店「カワトク」「アネックスカワトク」で販売中。

中古暖房器具を修理後リサイクル販売-盛岡市民福祉バンクなど(盛岡経済新聞)福祉作業所が「花いっぱい運動」に参加-東北電力の呼びかけで8年目(盛岡経済新聞)盛岡で「ワンワールドフェスタ」-ライブなどで「世界は一つ」訴える(盛岡経済新聞)石垣で「宮良長包音楽祭」-沖縄現代音楽先駆者の功績伝える(石垣経済新聞)吉祥寺で教会音楽の声楽コンサート-アヴェ・マリアなど演奏(吉祥寺経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース