盛岡の鮮魚店が「ホヤアイス」発売-5年越しのアイデアを商品化

器に盛られた島香魚店の「ホヤアイス」

器に盛られた島香魚店の「ホヤアイス」

  •  
  •  

 海のパイナップルと言われる魚介類の「ホヤ」のジェラートアイスクリームの販売が7月上旬、「島香魚店・大館町店」(盛岡市大館町、TEL 019-645-2310)で始まった。

 盛岡地域でも「わさびアイス」「わかめアイス」など、さまざまな変わり種アイスが発売されてきたが、「ホヤ」をアイスにしたのは同店が初めて。使用するホヤは三陸沿岸の宮古市から直送し、ジェラートアイスは雫石町の地産地消食堂「まんま」が手掛ける。

[広告]

 細かくカットされた生のホヤが練り込まれているのが特徴で、レモンベースでさわやかな風味に仕上げた。アイスの生地は毎日仕込み、1日20食程度の販売が可能という。

 同店の高橋真紀さんは「不思議と日本酒に合う。お客さんからはワインに合いそうだという意見も」と味には自信をみせる。「ホヤが嫌いという人は鮮度の悪いものを食べたから。三陸から直送で取り寄せた鮮度の高いホヤなので、アイスにしてもおいしく食べてもらえるはず。次のアイデアも楽しみにしてほしい」とも。

 価格は、コーンアイス=200円、カップアイス=350円。営業時間は11時30分~21時。

  • はてなブックマークに追加