見る・遊ぶ

盛岡の百貨店にビッグブルズ開幕戦告知懸垂幕 地元企業がチーム後押し

赤色が映える大きな懸垂幕。マスコットキャラクター「BULLZO」の姿も

赤色が映える大きな懸垂幕。マスコットキャラクター「BULLZO」の姿も

  • 0

  •  

 百貨店「パルクアベニュー・カワトク」(盛岡市菜園1)の壁面に9月8日、バスケットボールB3リーグ「岩手ビッグブルズ」のホーム開幕戦を告知する懸垂幕が設置された。

[広告]

 懸垂幕は今シーズン同チームのスポンサーとなった「オノデラサイン」(二戸市)が企画し、チームと共同で設置。のぼり旗や横断幕などの印刷を手がける同社は、スポーツ関連の仕事を請け負うことも多い。地元スポーツチームを応援しようと、今年3月には「パルクアベニュー・カワトク」を運営する「川徳」との共同企画でサッカーJ3「いわてグルージャ盛岡」を応援する懸垂幕も設置した。

 試合会場の装飾に使う横断幕やのぼり旗なども同社が寄贈。同社盛岡営業所の高橋正子さんは「依頼を受けてスポーツチームの横断幕やのぼり旗を作ることはあっても、自分たちがスポンサーとなって自ら作ることはこれまでなかった。スポンサーになったからには、これまでの仕事で培ったものを使って、自分たちにできることを全部やりたい」と話す。

 懸垂幕は5枚合わせて高さ18メートル、幅7.5メートル。デザインはビッグブルズが担当し、オノデラサインが制作。チームカラーの赤と濃紺を基調に、ロゴとマスコットキャラクターの「BULLZO(ぶるぞー)」を描き、10月8日・9日に盛岡タカヤアリーナで行われるホーム開幕戦を告知する。懸垂幕はホーム開幕戦までの1カ月間設置予定。チームやバスケットボールへの関心を高め、シーズンの盛り上げにつなげる。

 設置作業は8日の朝に行い、キャプテンの横川俊樹選手も作業の様子を見守った。横川選手は「思ったより大きく、地元の企業に支えられていることを改めて実感した。設置の段階から見てくれる人もいて、地域の皆さんにも見守られているんだと感じる」と話す。

 ホーム開幕戦の対戦相手は「しながわシティ バスケットボールクラブ」。両日共に全席観戦無料となる。「今シーズンの目標はB3優勝、B2昇格」と横川選手。「バスケットボールを通じて感動を、スポーツを通じて岩手に元気を与えられるチームになりたいと思っているので、地域の皆さんに会場でも応援してもらいたい」と呼びかける。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース