見る・遊ぶ

盛岡市動物公園が今季営業スタート リニューアル延期、期間限定で開園

「ズーモ」の人気者、カナダカワウソ。水の中をスイスイ泳ぐ

「ズーモ」の人気者、カナダカワウソ。水の中をスイスイ泳ぐ

  • 0

  •  

 リニューアル工事のために休園していた「盛岡市動物公園ZOOMO(ズーモ)」はリニューアル工事の遅れなどを理由に今年は暫定開園することとなり、4月23日に今期の営業を始めた。

ピューマの「タフ」は暖かい日差しの中でウトウト

 昨年12月から大規模な改修工事を行うため長期休園に入っていた同園。来年春にリニューアルオープン予定だったが、着工が遅れるなど事業スケジュールの見直しが必要となったことからリニューアルオープンを2023年に延期し、今年は現行施設で暫定開園することを決めた。

[広告]

 休園中もSNSを通じた情報発信や商業施設を利用したパネル展、オリジナル冊子の販売などを通じてファンとの交流を図ってきた。今季オープンについても告知後から問い合わせが増え、大きな反響があった。

 開園日となった23日は晴天に恵まれ、9時30分の開園直後から家族連れのほか同園の動物のファンたちなど多くの来園者が訪れた。11時ごろには来園者数が70人近くなっていたという。園で暮らす動物も暖かい春の日差しの中、のんびりとした様子で来園者を迎え、園内には活気ある雰囲気が戻った。

 広報担当者は「このまま穏やかな日が続けばと願うばかり。園内は広いので、1つの場所があまり混雑する様子もなく、感染症対策もしっかり行っている。コロナ禍の中でも、屋外で楽しめる場所として利用してもらいたい。動物たちと共に皆さんに会えるのを待っている」と呼び掛ける。

 今季開園は9月28日まで。開園時間は9時30分~16時30分。入園料は高校生以上=500円、小学生・中学生・幼児・65歳以上の盛岡市民は無料。毎週水曜・木曜休園。今季閉園後は2023年春のリニューアルオープンに向けて工事と長期休園を行う予定。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース