見る・遊ぶ

盛岡市動物公園で「感謝祭」開催へ 「リニューアル後もよろしく」の思い込め

入り口前に掲げられた休園までのカウントダウンボード(11月9日時点)

入り口前に掲げられた休園までのカウントダウンボード(11月9日時点)

  • 9

  •  

 盛岡市動物公園ZOOMO(ズーモ、盛岡市新庄)が11月28日と29日の2日間、「ZOOMO感謝祭」を開催する。

 今年4月から運営会社を「もりおかパークマネジメント」に変更し、新たな愛称を「ZOOMO」とした同園。昨年12月から今年の5月末までを冬季休園を含めた休園期間とし、6月1日から開園している。休園期間中も、SNSでの情報発信やクラウドファンディングへの挑戦などを続け、開園後も既存のイベントについて開催形式やコンセプトを変更するといった新たな取り組みを行っている。

[広告]

 リニューアル工事を行うため、12月1日から1年半の長期休園に入る。新型コロナウイルス感染症の影響もあり入園者数が減少した傾向もあるが、長期休園前にお気に入りの動物に会いに来るファンも多いという。

 広報担当者は「今年の開園期間は半年ほど数だったが、多くの人が足を運んでくれた。新たな挑戦もあり、うまくいったことも、うまくいかなかったこともあるが、たくさんの変化を感じてもらえたと思う。私たちも応援してくれるファンの存在をより近くに感じた」と振り返る。

 毎年冬季休園前には無料開放の実施やクリスマスイベントを行っていたが、今年は「これまでの感謝」と「これからのZOOMO」を伝えるための「感謝祭」を開催。ファンや来園者への感謝を届ける内容と、リニューアルに向けた期待感を伝える内容を用意した。

 ファンと来園者への感謝を届けるものとしては、普段とは違った楽しみを届ける催しを企画。県内の雑貨店やハンドメード作家らが集う「クラフト市」や、洋菓子・和菓子・ホットドリンクなどを提供する「ZOOMO SWEETS FES」を開く。動物たちへも感謝を伝えようと、特別な食べ物のプレゼントも予定している。

 リニューアルに向けた期待を伝えるものとしては、リニューアル計画などについて聞きながら園内を回る「園長ガイドツアー」や、リニューアルについての講演やパネルディスカッションを行う「感謝祭特別講演会」、「リニューアルパネル展」などを開催する。

 一部の催しについては事前のチケット購入が必要なものもあるが、当日購入できるもの、オンラインで自宅にいながら楽しめるものもある。

 「感謝祭について知っていて来園する人も、知らないで普段通り来園してもらっても楽しめるようになっている」と広報担当者。「ZOOMOについて注目してくれている皆さんへ未来の話をする場と、いつも遊びに来てもらっている皆さんへ楽しんでもらえる場を作った。新しい動物公園にも期待してもらい、一緒に盛り上がってほしい」と呼び掛ける。

 事前チケット購入方法やイベントの内容はホームページに掲載する。開園時間は9時~16時30分。入園料は500円(中学生以下と65歳以上の盛岡市民は無料)。

  • はてなブックマークに追加