学ぶ・知る

盛岡市子ども科学館が「サイエンスシネマ」公開 家でできる実験を

「サイエンスシネマ~おうちでやってみよう!~」の一場面。風を使って風船の輪を回す実験

「サイエンスシネマ~おうちでやってみよう!~」の一場面。風を使って風船の輪を回す実験

  • 28

  •  

 盛岡市子ども科学館(盛岡市本宮)は現在、家の中でできる実験を紹介する動画「サイエンスシネマ~おうちでやってみよう!~」を動画配信サイト「ユーチューブ」で公開している。

 動画は、平日の館内で楽しんでもらえるものを増やそうという目的で作成した。展示室内で流す予定だったが、外出しにくい状況が続く中、子どもが「家で何かしたいな」と思ったときに楽しく実験してもらいたいという思いから、ウェブ上での公開を決めた。

[広告]

 実験の内容は、タイトルにもなっている「おうちでやってみよう!」をテーマに、未就学児の子どもでも挑戦しやすく、家にあるものを使ってできるもの。ドライヤーから出る冷たい風と風船を使った「かぜであそぼう!」、ペットボトルを使って「空気砲」を作る「ペットボトルくうきほうであそぼう!」、シャボン玉の作り方や変わった遊び方を教える「シャボンだまであそぼう!」、高い所から落とすとくるくる回る不思議なおもちゃを作る「くるくるまわるおもちゃであそぼう!」の4つの実験を紹介している。

 動画は、文字や言葉で伝えるのではなく見て分かるような映像を撮るように意識したという。工作中の手元をしっかり写し、実験に役立つワンポイントも紹介するなど工夫を凝らす。実験の内容も、風船の輪を回すものや空気砲など見たことはあるが自分でやったことはないというものを選んだ。

 更新時期は未定だが、今後も新しい実験を紹介していきたいという思いもある。「サイエンスシネマ」のほかにも、家庭内でも科学や技術を楽しんでもらおうと、館内の展示物や実験を紹介する「ちょこっとサイエンス」の動画をツイッターとユーチューブへ投稿している。

 担当者は「実験がうまくいかない時に『どうしてだろう』と考えたり、『さらにこうしたらどうなるんだろう』と疑問に思ったりして、科学に興味を持つきっかけにしてもらえたらうれしい。はさみやカッターを使う場面もあるので、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に実験をして、皆さんで楽しんで」と呼び掛ける。