食べる 見る・遊ぶ

盛岡で「わんこそば」を楽しむまち歩き企画 「わんこそば」初めての人大歓迎

高く積み上げられた「わんこそば」の椀

高く積み上げられた「わんこそば」の椀

  • 535

  •  

 旅行会社「トラベル・リンク」(盛岡市開運橋通)は2月29日、「わんこそば」をメインに楽しむ企画「盛岡名物わんこそばとまち歩き」を開催する。

 企画のきっかけは、盛岡に住んでいてもわんこそばを食べたことがないという人の存在だった。同社でもまち歩きや観光ツアーの一環で、わんこそばが食べられる店に案内することは多い。その一方で、地元住民からの「食べたことがない」「わんこそばは観光客が食べるもの」という声が気になっていたという。

[広告]

 同社の北田公子さんは「名物として紹介しながら、自分はわんこそばを食べたことがないという人も多いと思う。1回だけ食べたことがある、好きだけど食べる機会がないという人も少なくないように感じる」と話す。

 そこで、「わんこそば」をメインにした企画を考案。わんこそば未経験の人や久しぶりに食べてみたい、好きだけど1人ではチャレンジできないという人でも、大人数であれば参加しやすいのではないかと思い付いた。

 当日は「そば処(どころ)東家 大手先店」に集合。1時間ほどまち歩きを楽しみ、おなかをすかせた後、わんこそばに挑戦する。まち歩きの内容は当日まで明かさない「ミステリーツアー」となっている。開催日を「うるう日」である2月29日にしたのは、4年に1度しかない日に「何かに挑戦した」という思い出をつくってほしいという意味も込めた。

 「観光客の皆さんがなぜわんこそばを食べるのか、実際に体験したらその理由や魅力にも気付くことができるはず」と北田さん。「そば自体もおいしく、お給仕さんとのコミュニケーションも楽しい。食べた人が今度はその魅力を広めてほしい。食べたことがない人も、久々に挑戦するという人も、わんこそば好きの人も、みんなで一緒に楽しみたい」と呼び掛ける。

 料金は大人=3,800円、小中学生=3,300円、未就学児(3歳以上6歳未満)=1,400円。定員は20人。電話かホームページから受け付ける。申し込み・問い合わせはトラベル・リンク(TEL 019-658-8644)まで。

  • はてなブックマークに追加