見る・遊ぶ

もりおか町家物語館で「おもいで写真展」 昭和の懐かしい風景集め

モノクロの写真が並ぶ展示室

モノクロの写真が並ぶ展示室

  • 73

  •  

 小企画展「鉈屋町・大慈寺町界隈(かいわい)おもいで写真展」が現在、もりおか町家物語館(盛岡市鉈屋町)で行われている。

 同館がある鉈屋町・大慈寺町界隈の、明治期から昭和までの写真を展示する企画展。昔懐かしい「町家」を使った施設である同館ならではの展示をしたいという思いから企画された。当時の暮らしをうかがい知れるような写真を公募で集め、提供されたものの中から展示している。

[広告]

 今回は昭和期に撮影された写真をメインに、4人から提供された約30点を展示。展示場所は同館文庫蔵・縁の展示室で、小さいながら懐かしい雰囲気が残る場所を選んだ。展示する写真は盛岡八幡宮の例大祭や舟っこ流しといった行事のほか、消防組の活動、家族の記念写真や暮らしの様子など個人の思い出が写ったものが集まった。

 同館では今後も明治から昭和にかけての、鉈屋町・大慈寺町界隈を撮影した写真を随時募集していく予定。写真は案内所で直接受け付ける。今回の提供者からは「誰かに見てもらえるのなら喜んで出したい」という声もあり、展示を見た来館者の中には「自分も提供したい」という人もいるという。

 担当者は「展示を見た人からは『懐かしい』という声や、『毎年開催してほしい』という声もあり、うれしいかぎり。個人の思い出から、昔懐かしい鉈屋町や大慈寺町の風景に出合える。個人が撮影した写真だからこそ親しみを感じたり、若い人にも新鮮な気持ちを持ってもらえたりすると思う。楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

 開館時間は9時~19時(18時30分最終入場)。1月28日と2月25日は休館。入場無料。3月8日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース