3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

J3いわてグルージャ盛岡、新監督に秋田豊さん 「勝利と一所懸命で岩手に希望を」

いわてグルージャ盛岡の新監督、秋田豊氏(右)

いわてグルージャ盛岡の新監督、秋田豊氏(右)

  • 84

  •  

 サッカーJ3のいわてグルージャ盛岡(盛岡市飯岡新田6)が12月10日、2020シーズンから監督を務める秋田さんの会見を開いた。

いわてグルージャ盛岡の(左から)宮野社長、秋田新監督、菊池GM

 秋田さんはディフェンダーとして2007(平成19)年までJリーグでプレー。日本代表としてW杯にも出場している。監督就任は、京都サンガFC、FC町田ゼルビアに続き3度目となる。

[広告]

 秋田さんはこの日、「町田から7年ぶりの現場復帰でワクワクしている。震災復興で関わってきたので岩手には親近感を持っている。岩手に勇気と希望を与えたい。厳しい試合が続くと思うが応援してほしい」とあいさつした。

 「J3は上から下まで大差のないリーグ。守備力を整えれば上位を狙えるのでは。自信はある」とも。「J3のレベルも理解している。力強いGMもいる。チーム『一岩(いちがん)』となれば十分戦える」と意気込む。理想のチームについて、「まずは勝つこと。勝つためにどんなことができるかを考え、実践するチームを作りたい」と秋田さん。「現場から離れていた7年間で伝えることの大切さを学んだ。この経験を生かしていきたい。スポーツは現在、戦う、あきらめない、一生懸命という姿勢を見せることでファンが増える。今、全体的に薄くなっているのではないか。一生懸命プレーし続けることで、岩手の皆さんに勇気や希望を伝えたい」と意欲を見せる。

 「監督就任は11月初旬にオファーを受け、快諾した」と話す秋田さんは「毎年監督になる準備はしていた。今年オファーがなければもう監督はできないと考えていた。最後のチャンスと思っていた」と笑顔を見せる。

 いわてグルージャ盛岡の宮野聡社長は「秋田さんの持つノウハウ、実績、経験はグルージャだけでなく、岩手県全体に貢献してもらえると確信した。J2昇格、J2ライセンス取得に向けてより一層頑張る」と話す。

 2019シーズンまで3年間指導を行った前監督の菊池利三さんはGMに就任する。菊池さんは「秋田監督をサポートする立場になるのは光栄。全面的に支えていく」と力を込める。

 チームは来年1月17日から本格始動する予定。

  • はてなブックマークに追加