見る・遊ぶ

盛岡の写真スタジオで「落語会」 初めての人も楽しみやすい内容で

会場となる「八百倉スタジオ」は盛岡町家を改装した写真スタジオ

会場となる「八百倉スタジオ」は盛岡町家を改装した写真スタジオ

  •  
  •  

 フォトスタジオ「八百倉スタジオ」(盛岡市鉈屋町)で9月1日、落語会「きっとあなたも好きになる、 立川志の彦 初めての落語」が開催される。

 立川志の彦さんは、2007(平成19)年に立川志の輔さんに弟子入り。全国各地で精力的に落語会を開き、二ツ目の間に全都道府県で落語会を行うことも目標に掲げている。現在は東北各地を回り、8月25日には宮城県気仙沼市と岩手県一関市で、30日には花巻市、31日には釜石市でも落語会を行う予定。

[広告]

 当初は肴町にある複合施設「十三日(トミカ)」を会場にする予定だったという。施設を運営する「モリノバ」が依頼を受けたが、施設内には広いスペースがなく、会場が狭くなってしまう懸念があった。そこで古い街並みがあり、落語の雰囲気とも合う「鉈屋町」が候補に挙がった。

 会場に選ばれた「八百倉スタジオ」は、今年オープンしたフォトスタジオで、明治時代に建てられ青果店として使われていた盛岡町家をリノベーションしている。畳敷きの部屋があり、今回はその部屋を落語会の会場に活用する。

 スタジオを運営する「イトウタカムネ写真事務所」の伊藤隆宗さんは「これまでもスタジオを開放して、イベントの会場に利用してもらっていた。写真スタジオ以外の使い方をすることで、いろんな人に知ってもらえる。それで鉈屋町全体にも良い影響が広まればうれしい」と話し、「大きな会場で行う落語会に行くことに、敷居の高さを感じる人も少なくない。足を運びやすいと思ってもらえれば」とも。

 今回の落語会はタイトルに「はじめて」という言葉を入れ、初心者でも分かりやすい落語が中心。間口を広げ、落語好きだけではなく、これまで落語を聞いたことがない人や、若者世代まで楽しめる内容となる。

 伊藤さんは「小さな会場での落語会なので、落語家との距離も近く、ライブ感や身近さを味わえると思う。落語好きの皆さんはもちろん、初めての人、興味はあったけど落語会に行ったことがない人もぜひ来場してみて」と呼び掛ける。

 14時30分開場、15時開演。料金=2,500円(ドリンク付き)。定員30人。申し込みはメールで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加