盛岡・中心商店街にネパール雑貨店-来日10年、「主婦力」で開業

自ら民族衣装をまとって店頭に立つ代表の横田サンギタさん

自ら民族衣装をまとって店頭に立つ代表の横田サンギタさん

  •  
  •  

 ネパール直輸入の雑貨店「エベレスト」(TEL 019-672-6170)が9月1日、盛岡大通商店街のMoMoビル(盛岡市大通2)に開店した。

女性に人気のビーズアクセサリー。すべてネパール直輸入

 同店は同日から中心市街地の空き店舗対策として実施される「盛岡市チャレンジショップ」のひとつとして出店したもの。ネパール人で代表の横田サンギタさんが、故郷から直接輸入したシルバーアクセサリーや衣類、置物などを販売する。

[広告]

 横田さんは約10年前に結婚を機にネパールから盛岡に移住。主婦として2人の子どもを育てるかたわら、「故郷のネパールを紹介する雑貨店はできないか」(横田さん)と店の開業を計画。「家事に追われる中で、家に閉じこもりがちなことを解消したかった」(同)こともあり、今年8月にチャレンジショップへ応募。見事審査に合格し夢を実現した。横田さんに共感する友人の女性も店頭に立つ。

 チャレンジショップへの出店について、横田さんは「インターネットで販売することも考えているが、その前に実際にどんな商品が売れるのか、体験してみたかった」とマーケティングも兼ねている点を強調。ここでの体験をもとに、近い将来は自分の店を持つ計画だという。

 商品は、ブレスレットやペンダント、指輪などシルバー925のアクセサリー類(1,500円~12,000円)、ビーズブレスレット(500円~)、ネパールでパシュミナと呼ばれるストール(大=5,800円~、小=3,500円~)、ワンピース(5,000円台)など。ほとんどがネパール製でハンドメード。

 チャレンジショップは、中心商店街の空き店舗対策として盛岡まちづくり株式会社と盛岡市が3年前から実施。9月1日から2カ月間限定で、独立を目指す起業家を対象に実践の場として、さわや書店隣にあるMoMoビルの空きテナントを提供する。横田さんのほかに、衣料品や食品を販売する4店も出店。テナント出店料は2カ月間で84,000円。