見る・遊ぶ

「高松の池フォーラム」今年も開催へ 地域の魅力を高めるアイデア集めて

豊かな緑に囲まれ、市民からも愛される「高松の池」

豊かな緑に囲まれ、市民からも愛される「高松の池」

  •  
  •  

 「第2回高松の池フォーラム2019」が3月30日、「上田公民館」大ホール(盛岡市上田4)で行われる。

 「高松の池」の周辺地域では地元有志が地域活性化に取り組み、高松の池をテーマにした映像作品を募集・上映する「盛岡たかまつ手づくり映画祭」、池の周辺を会場に利用した音楽祭やクラフト市などを実施している。フォーラムは盛岡市民にとって憩いの場となっている高松の池の魅力や価値をさらに掘り起こし、より地域に愛される場所にしていくための意見やアイデアを集約し、ブラッシュアップを図ろうと昨年からスタートした。

[広告]

 昨年のフォーラムには地域住民を中心に100人ほどが参加。パネルディスカッションや写真展のほか、「高松の池」を舞台にしたドキュメンタリー映画「無名碑MONUMENT」の上映が行われた。参加者の年齢層が高かったことから、今年は子どもたちも楽しめる内容を取り入れる。

 今回は総合司会にふじポンさんを迎え、地元の小学生たちと共に高松の池を題材にした俳句をステージで発表。このほか、上田地域活動推進会顧問の鈴木孝男さんによる基調講演や、高松の池が持つ魅力と可能性について話し合うパネルディスカッション、高松の池クイズ、「Lips Dance School」によるチアダンスの発表などが行われる。

 フォーラムを主催する「ハートブルームタウンたかまつ」のメンバー・櫻裕子さんは「高松の池は季節ごとの美しい景色があり、市民に愛される場所であり、盛岡のブランドの一つになりうる資源。その価値を改めて発信する機会にしたい」と話し、「高松の池が大好きだという皆さんはもちろんだが、普段はあまり気にしていないという人もきっと池の魅力に触れられると思う。皆さんと一緒に楽しみたい」とも。

 13時開場、13時30分開演。定員は100人。参加無料。

  • はてなブックマークに追加