買う

盛岡に「どうくつ美容室」 非日常を感じる美容室目指し「洞窟」コンセプトに

白を基調に洞窟のようなごつごつとした雰囲気の店内

白を基調に洞窟のようなごつごつとした雰囲気の店内

  •  
  •  

 「どうくつ美容室 tento」(盛岡市城西町)が7月1日、オープンした。

「どうくつ美容室 tento」外観

 同店は、盛岡駅前で美容室を経営するオーナーが「2店舗目を持ちたい」という思いから開店。アットホームで利用しやすい雰囲気の美容室が増える中で、「数カ月に1度使う美容室で特別な気分や非日常を感じてもらおう」と、洞窟をコンセプトにした店舗を考案した。内装は業者を頼らず、カウンターと待合スペースのほか、セット面やシャンプー台を乗せるウッドデッキもスタッフらが手作りした。

[広告]

 店長の関口静香さんは「スタッフが一から作った美容室というのも珍しいと思う。入店した時は驚きやわくわくを感じてもらい、施術している間に落ち着きや癒やしを感じてもらえればうれしい。小規模な店だが、スタッフのこだわりが詰まった店舗になっている」と話す。

 セット面2席、シャンプー台1席の小さな店内は白を基調にモルタルを塗り、ごつごつとした岩の質感を取り入れた。セット面は向かい合わせに配置することで、他の利用客を気にせずに施術が受けられるよう工夫し、鏡も顔周りだけが映る大きさのものを採用。鏡越しではなく、利用客と近い位置で接客をしたいというスタッフの思いを込めた。

 特徴的な内装を写真に撮る利用客が多く、利用客がSNSに写真を投稿したことをきっかけにインターネットで検索する人が増え、市外や県外など遠方からの利用客もいるという。

 関口さんは「最初は予約が入るかどうかも不安だった中で、気に掛けてくれる地域の皆さんや、遠くから足を運んでくれるお客さんがいてくれることがうれしい。なかなか入りづらいかもしれないが、まずは店内を見に遊びに来てもらいたい」と話す。

 営業時間は9時~19時(最終受付18時)。予約は電話(TEL 080-1693-7058)のほかインターネットから受け付ける。

  • はてなブックマークに追加