3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

外国人向けおもてなしまとめサイト「いわての10手」公開

「いわての10手」トップページ

「いわての10手」トップページ

  • 0

  •  

 岩手県盛岡広域振興局は4月、「外国人おもてなしまとめサイト『いわての10手』」を開設した。

侍風のキャラクターが「靴を脱いで」と英語で案内

 同ホームページは、外国人観光客向けの「おもてなしポイント」をまとめたもの。岩手県を訪れる外国人観光客が増加していることを受け、国体やラグビーW杯など多くの観光客が来県するイベントが予定される中、県民全体で受け入れ態勢の向上を目指す。

[広告]

 2014年度から2015年度にかけて行われた「外国人観光客おもてなし講座」で講師を務めた、ブランド戦略コンサルタントで希望郷いわて文化大使の村尾隆介さんが監修。すぐに実践できるおもてなし方法を10項目に分けて紹介している。

 同局経営企画部産業振興課の山崎達也さんは「たくさんの方法を載せると、あれもやって、これもやってと難しくなってしまうので、誰でもできる10個のおもてなし方法を提案している。外国人と接するのは少し勇気がいることだが、こういった提案を通して一歩踏み出すきっかけにしてもらいたい」と話す。

 写真の撮り方や話しかけ方や道案内のポイントなど、街なかで外国人観光客に会った時に、すぐに使える対策などを中心に紹介。ホテルや商業施設などで自由に使えるアイコンやお礼のメッセージなどもダウンロードできる。侍風のキャラクターを使って温泉の入り方などを説明した「ユニークアイコン」も用意され、外国人や日本人が見ても分かりやすく、思わず笑ってしまうような工夫もされている。

 山崎さんは「今はどこでもインターネットを使ってホームページが見られる時代。誰が見ても分かりやすく、使いやすく、ちょっとした話題にしてもらえればうれしい。県民それぞれが岩手の観光案内人だという気持ちを心のどこかに置いて、小さな声掛けからでもいいので何か行動してみてほしい」と呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加