買う

「野村胡堂・あらえびす」発刊-岩手の偉人紹介

著者の道又力さん

著者の道又力さん

  • 0

  •  

 「野村胡堂・あらえびす記念館」と盛岡在住の作家・脚本家の道又力さんが5月31日、「野村胡堂・あらえびす 『銭形平次』と『音楽評論』を生んだ岩手の文士」(文芸春秋)を発刊した。

 同書は、作家としては代表作「銭形平次捕物控」を、クラシック音楽評論家としては「あらえびす」の名で「楽聖物語」「名曲決定版」などの名著を世に出した野村胡堂の紹介本。阿刀田高、司馬遼太郎などのエッセー、胡堂自身の小説や評論、江戸川乱歩との対談も掲載した。小説や家計簿、胡堂の日記、作品年譜、秘蔵写真など資料も充実させ、作家としての胡堂、音楽評論家としてのあらえびす、人間としての野村長一(おさかず)それぞれの持つ面を知ることができる。

[広告]

 共著者の道又さんは「野村胡堂・あらえびす記念館の開館20周年ということもあり、胡堂さんの全てがわかる本を作りたかった。作家読本ではあるが作品も収録されている。野村胡堂をより深く知ってほしい」と呼び掛ける。

 A5判192ページで、価格は1,490円。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース