3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

岩手県が保有施設のネーミングライツ導入へ-3施設のスポンサー募集

ネーミングライツ導入対象となる岩手県営運動公園

ネーミングライツ導入対象となる岩手県営運動公園

  • 0

  •  

 岩手県は、知名度があり利用者数の多い施設を対象にネーミングライツ(施設命名権)の導入を決めた。現在スポンサーとなる事業者を募集している。

 県は、ネーミングライツ導入で新たな財源の確保や利便性の向上を図るとともに、東日本大震災津波の復興に向かう岩手の発信に寄与したい考えだ。

[広告]

 今回ネーミングライツを募集する施設は、プロ野球の公式試合や高校野球大会の会場にもなる「岩手県営野球場」(盛岡市三ツ割4)、空手剣道柔道の大会が行われる「岩手県営武道館」(みたけ3)、陸上競技場やテニスコートなどの施設があり市民利用が多い「岩手県営運動公園」(みたけ1)の3施設。

 スポンサー契約期間は、いずれも2014年4月から5年間。契約料(年額)は、野球場=500万円以上、武道館=300万円以上、運動公園=1,000万円以上を希望している。愛称は、施設看板や案内板などに利用される。

 同県総務部管財課管理担当者は「愛称なので親しみの湧くようなものになってもらえれば。新たな財源は復興や施設の充実、県民の利便性向上につなげたい」と話す。

 募集期間は11月22日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home