見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

震災で被災した鉄道レール、三陸鉄道が2回目の販売を開始

レールは南リアス線の「盛-陸前赤崎」間の田茂山踏切付近。写真は10センチのタイプ。残数にはまだ余裕があるとのこと

レールは南リアス線の「盛-陸前赤崎」間の田茂山踏切付近。写真は10センチのタイプ。残数にはまだ余裕があるとのこと

  •  
  •  

 三陸鉄道(宮古市、TEL 0193-62-8900)が10月28日、「東日本大震災津波被災復興祈願レール」の2回目の販売を始めた。

 今年8月に発売したところ、初日で完売したことから再度販売を検討していた。今回は津波による影響で損壊した南リアス線の「盛(さかり)-陸前赤崎」間の田茂山踏切付近で実際に使われていたレールになる。前回は北リアス線の「島越(しまのこし)ー田野畑」間のレール。

[広告]

 販売は前回同様、10センチ(5万円)と5センチ(3万円)の2種類。いずれも限定100個で台座とメモリアルプレート付き。同社オンラインショップで販売する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home