天気予報

27

21

みん経トピックス

啄木の復刻版シリーズ人気に和庭園で米国人邦楽家ライブ

盛岡の市民食「福田パン」本店が移転リニューアル-イートインも充実

  • 0
盛岡の市民食「福田パン」本店が移転リニューアル-イートインも充実

カウンター越しに注文を受けた店員がリズミカルにパンに具を塗っていく。盛岡市民なら誰もが知る光景

写真を拡大 地図を拡大

 盛岡の市民食とも言える「福田パン」の本店(盛岡市長田町12、TEL 019-622-5896)が11月7日、移転リニューアルオープンした。

 旧店舗から道路を挟んだ正面にオープンした新店舗の店内には、「昭和」の雰囲気が漂う看板や時計が配置されるなど、昔懐かしい木造校舎風の造り。新店舗の面積は23坪で、店内には座席10席(テーブル4卓)のイートインスペースも設けており、セルフサービスでコーヒーも飲めるようにした。

 同社の福田潔専務は「従来の本店建物は借地に建てていたが、今日から自社の土地での営業となる。今後は、さらに盛岡市内にもう一店舗増やしたい」と意欲を見せる。

 同社は戦後間もない1948年に、盛岡市で創業した製パン会社で、創業当時から変わらないボリュームたっぷりの大きなコッペパンにさまざまなクリーム類の具をサンドする「菓子パン」を主力商品とする。最も人気の高い「あんバター」(126円)、「ジャムバター」(116円)、「ピーナツ」(116円)などクリーム系菓子パンが34種類、そのほかにも総菜系14種類を用意し、オリジナルの組み合わせは数百通りにもなるという。

 同社商品は盛岡市近郊のスーパーマーケットやコンビニエンスストア、学校の購買などでも購入できるが、本店で購入する醍醐味は本店でのみ行われている独自の「対面販売」スタイル。アイスクリーム店のようにカウンターに並んだ数々の具の中から、客がその場で好みの具を選び、目の前で店員が具を塗って手渡す。その独特の対面販売もさることながら、豊富な種類から具選びを楽しめることから、現在では「市民食」として盛岡市民に広く認知されている。

 福田専務は「当社の商品が地元に受け入れてもらえたのは、50年程前に岩手大学の売店で販売を始めたのがきっかけ。パンの大きさは『お金のない学生にも、1個のパンと牛乳でお腹いっぱいになるように』と創業者の先々代が考案したものが学生さんたちに喜ばれた。当時から今も変らない大きさと飽きのこないシンプルな風味がお客様に定着したのだと思う」と話している。

 営業時間は7時~17時(売切れ次第閉店)。不定休。本店の他に矢巾店(紫波郡矢巾町広宮沢)がある。

グローバルフォトニュース