「魔女」こと菅原初代さんが3連覇-盛岡「全日本わんこそば選手権」

会場に向かってガッツポーズを見せる菅原さん。余裕の表情。

会場に向かってガッツポーズを見せる菅原さん。余裕の表情。

  •  
  •  

 「第24回・全日本わんこそば選手権」が11月8日、盛岡劇場(盛岡市松尾町)で行われ、「一般選手権の部」で女性フードファイターの菅原初代さん(盛岡市)が3連覇を果たした。2位にテレビ大食い番組でもライバル関係の女性フードファイター、正司優子さん(山口県)が続き、史上初の女性ワンツーフィニッシュとなった。

5分のハンデをはねのけて優勝した菅原さん

 制限時間15分のところ、優勝経験者に課せられた5分少ないハンデをもろともせず、2位に100杯以上の差をつけて「ぶっちぎり」の強さを見せつけた菅原さん。記録は女性では前人未踏の400杯にあと1杯及ばず399杯だったものの、昨年の383杯を大きく上回った。

[広告]

 菅原さんは会見で、「緊張感なく始まって、緊張感なく終わったといった感じ。全く計算せずに(マイペースで)やれたが、意外に数字が伸びてびっくりした。自己新記録記録達成はうれしい。特にこの大会に向けた練習は積んでこなかったが、優勝を目標にしていたので良かった」と振り返った。

 一般の部の出場者数は27人で、岩手県外からは14人が参加。女性参加者が目立ち、日本テレビ「スッキリ!!」レポーター中山美香さん(東京都)ら6人が参加したほか、外国人1人も参加した。

 ほかの記録は以下の通り。2位=正司優子さん(295杯)、3位=杉山直也さん(神奈川県、277杯)、4位=井本英明さん(神奈川県、264杯)、5位=潤間健一郎さん(埼玉県、238杯)、敢闘賞=テックス・リーザーさん(米国、161杯)、特別賞=矢本浩さん(盛岡市、134杯)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home