いわて銀河鉄道、「マロン駅長」のネックストラップ発売-グッズ販売に本腰

奥中山高原駅に実在する犬の「マロン駅長」の写真が付いたネックストラップ

奥中山高原駅に実在する犬の「マロン駅長」の写真が付いたネックストラップ

  • 0

  •  

 IGRいわて銀河鉄道(盛岡市上田1、TEL 019-652-9800)は8月8日、犬のマロン駅長の写真が付いたオリジナルネックストラップを発売した。

 ストラップには、ブルーに白字でIGRの文字と車両のイラストが描かれるほか、同鉄道の奥中山高原駅で名誉駅長を務めるマロン駅長の写真入りクリップと携帯ストラップが付く。

[広告]

 同社では同日からマロン駅長の記念キップ(590円)も販売するなど、今年から関連グッズや企画切符の販売を積極的に展開。オリジナルグッズはほかに、IGR7000系車両のイラスト入りハンドタオル(300円)、ぷっくり携帯クリーナー(200円)、走る電車付きボールペン(500円)、絵はがきセット(400円)などがある。

 同社広報部では「オリジナルグッズは、どちらかというと鉄道マニア向けが多かったが、今回は幅広く人気のあるマロン駅長のグッズにしてみた。シール付きになっているマロン駅長記念キップとともに買い求めてほしい」と話している。

 ネックストラップの価格は800円。盛岡、厨川、滝沢、好摩、いわて沼宮内、奥中山高原、一戸、二戸の各駅で販売するほか、車掌による車内販売、ネット通販も行う。