3密を避けて新しい生活様式へ!

開業25周年切符で「超縦長切符」発売-三陸鉄道が発売日限定で

長さ25センチと縦長の「ニコニコきっぷ」

長さ25センチと縦長の「ニコニコきっぷ」

  • 0

  •  

 岩手県の第三セクター鉄道「三陸鉄道」(本社=盛岡市、宮古市、TEL 0193-62-8900)は4月1日、開業25周年記念切符を発売する。

「ニコニコきっぷ」の裏側

 発売する記念切符は「謝恩フリー ニコニコ(2525)きっぷ」と「開業25周年記念きっぷ」の2種類。

[広告]

 同鉄道の北リアス線、南リアス線のいずれも「全線終日乗り放題」という「ニコニコきっぷ」は、長さ25センチ、幅2.5センチの縦長で、価格250円。有人各駅で毎回各25枚ずつ販売するなど、徹底的に数字「25」にちなんだ内容。4月1日・18日のほか、4月~12月の毎月25日のみの限定販売で、利用日も販売日に限る。発売は各駅窓口の営業開始時間からで、ひとり1枚限り。

 「開業25周年記念きっぷ」は、同鉄道の24駅の入場券と乗車券(いずれも硬券)の25枚セットで、各5枚入りのコレクターシートが5セット。限定500セットの販売で、同鉄道の有人各駅のほか通信販売にも応じる。価格は2,500円(通販は送料200円が別途。支払いは現金書留か小為替で)。発売は4月1日で、売り切れ次第、販売は終了する。

 同社広報担当の木村彩子さんは「既に多くの問い合わせが来ている『開業25周年記念きっぷ』はコレクターズアイテムだが、『ニコニコきっぷ』は実際に使える切符。途中下車が自由で乗り放題なので、三陸鉄道とその沿線の旅を存分に楽しんでほしい」と話している。「これからの時期は海の青さがどんどんさえてくるので、そんな海の表情も旅の楽しみの一つ」とも。

 各駅の発売時間や在庫の確認、通販については電話で対応する。有人駅は久慈、陸中野田、普代、田野畑、鳥越、小本、田老、宮古、釜石、三陸、綾里、盛の12駅。