見る・遊ぶ

盛岡で「グルージャ応援レストラン」 岩手のプロスポーツ一緒に盛り上げて

7月10日に初めて開かれた「いわてグルージャ盛岡応援レストラン」の様子

7月10日に初めて開かれた「いわてグルージャ盛岡応援レストラン」の様子

  • 0

  •  

 ホテルエース盛岡(盛岡市中央通2)内のレストラン「ビーハイブ」で7月30日と8月2日、サッカーJ2「いわてグルージャ盛岡」のアウェー戦のライブビューイングを行う「いわてグルージャ盛岡応援レストラン」を開催する。

[広告]

 会場となる「ビーハイブ」は今年の3月からランチ・ディナーの営業を休止し、宿泊者向けに朝食の提供のみを続けている。ほぼ休業状態となっている中、活用方法についてスタッフらで検討を重ねていた。今年から同ホテルがいわてグルージャ盛岡のパートナーとなることが決まったことで「グルージャの試合をライブビューイングするのはどうだろうか」というアイデアが出てきた。

 バスケットボールB3リーグ「岩手ビッグブルズ」のパートナーでもある同ホテル。「冬にはビッグブルズの応援レストランも考えている」と担当者の田中宣行さん。「何かやるなら地域貢献につながるものをと思っていた。岩手には2つもプロスポーツチームがあるのに、試合を見る方法は限られている。それを増やすことで、岩手のスポーツシーンを少しでも盛り上げたい」と話す。会場での観戦が難しいファミリー層やライト層をターゲットに、気軽にスポーツ観戦の世界へ飛び込める環境づくりと、既存店舗との共存共栄も目指す。

 応援レストランはスポーツ映像配信サービス「DAZN(読みを入れてください)」でライブ配信される試合を観戦。店内に大型モニターを設置し、チームのオフィシャルグッズや選手らのサインも飾り付ける。選手が「ようこそ」と呼びかける会場限定の映像を用意するなど、来場者を驚かせる仕掛けも用意した。初開催となった7月10日は、親子や家族連れのほか、サポーターも個人やグループで参加。試合の状況に合わせ、全員がガッツポーズする一体感も生まれた。サポーター同士の交流もあり、「1人でアウェー戦の配信を見るより、これからはみんなで見たい」という声も届いた。

 田中さんは「勝ちも負けも、良いプレーも悪いプレーもみんなで共有できるのがプロスポーツ観戦の醍醐味(だいごみ)。誰かと一緒に観戦する楽しさを知って、いつか試合会場へ足を運ぶきっかけになれば。皆さんと応援するのを私たちも楽しみにしている」と話す。

 価格は2,500円(応援バーガーセット、ソフトドリンクバー、ホームゲーム引換券付き)。アルコール別料金。開場は各日キックオフ90分前。利用には事前予約が必要。DAZN公認サービス「Fansta」と電話(019-654-3811)で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース