見る・遊ぶ

「いわてグルージャ盛岡」がサッカーイベント 岩手を元気に、支援募る

チームが行うクラウドファンディングのタイトル

チームが行うクラウドファンディングのタイトル

  • 4

  •  

 サッカーJ3「いわてグルージャ盛岡」は現在、サッカーイベント「2021年頑張ろういわてスペシャルマッチ~いわてを元気に!子どもたちに笑顔を!~」の開催資金と、毎年行っている震災復興支援活動の費用を募っている。

 同イベントは、東日本大震災から10年が経過したことに合わせて企画。震災の爪痕が県内各地に残る現状を見て、「サッカーの力」で県民をできないかと考えていたという。別団体が同様のイベントを企画していたが立ち消えとなり、「それであれば岩手県唯一のプロサッカークラブの私たちが行うべきではないか」という思いがきっかけとなった。

[広告]

 イベント当日は元サッカー選手らによる「サッカーレジェンドOB」チームと岩手県中学生選抜チームによるスペシャルマッチや、いわてグルージャ盛岡の公式戦、子ども向けのサッカー教室を行う予定。スペシャルマッチは30分ハーフで、「サッカーレジェンドOB」としては現在、石川直宏さん、岡野雅行さん、加地亮さん、佐藤寿人さんほか16人の出場が発表されている。

 同チームではこれまで東日本大震災の発災直後から支援活動にも取り組み、各地でのサッカー教室や義援金活動などを行っている。今回のイベントでも一部沿岸地域の子どもたちを無料招待する。

 秋田豊監督は「当日はサッカー界に影響を与えた多くの選手が岩手県の学生と試合を行う。サッカーを通じて、岩手を、東北を盛り上げ、さらに前進していく。この復興支援マッチは、震災から10年の今、皆さんと改めて一岩となって未来へ進んでいくための第一歩の試合にしていきたい」とメッセージを寄せる。

 昨年は新型コロナウイルス感染症によるJリーグの一時中断や入場者数制限などクラブとしても苦しいシーズンとなった。入場料収入やスポンサー収入といったクラブ収入の面での影響も少なくはない。そこで、イベント開催や今後の復興支援活動を継続するためにもクラウドファンディングで支援を募ることにした。

 広報担当者は「私たちも驚いているが、当初の想定以上に大変有名な日本サッカー界レジェンドの方々が手を挙げてくれた。サッカーレジェンドOBチームと岩手県中学生選抜チームの選手たちの笑顔や真剣なまなざしでサッカーをしている姿を目に焼き付けてほしい。皆さんの支援が未来につながる。「サッカーの力」「スポーツの力」を信じ、今を一生懸命生きている皆さん、そしてこれからを生きていく子どもたちのため、もっと笑顔を増やしていきたい」と呼び掛ける。

 クラウドファンディングサイト「READY FOR」で受け付ける。目標金額は700万円。支援は一口3,000円から。支援金額に合わせ、スペシャルグッズなどの返礼品を用意する。募集は4月28日23時まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース