見る・遊ぶ

「盛岡の宿応援割事業」スタート 県民対象に市内宿泊施設の利用促す

事業を紹介する市のホームページ

事業を紹介する市のホームページ

  • 3

  •  

 盛岡市は7月1日から、岩手県民を対象に市内の宿泊施設を利用した時の宿泊料を一部割引する「盛岡の宿応援割」をスタートした。

 新型コロナウイルス感染症に影響を受け、宿泊者が激減している市内宿泊施設への宿泊誘客を目的とした同事業。事業参加宿泊施設に宿泊した場合、1泊につき宿泊料金から1人4,000円を上限に割引を行う。

[広告]

 利用者は岩手県民に限定。利用時には宿泊施設へ事前に「盛岡の宿応援割」を利用することを電話などで伝えて直接宿泊予約を行う。利用当日は各宿泊施設で所定の申込用紙に必要事項を記入し、代表者の住所が確認できる運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を必ず提示する。

 割引となる宿泊料金は、消費税・地方消費税・入湯税を除き、素泊まりほか食事の提供を含む各施設の宿泊利用者を対象とした料金とし、アルコール類などの費用は含まない。宿泊料金が4,000円を下回る場合は宿泊料金の金額が割引上限となる。予約サイトとの併用や宿泊プランの詳細、予約方法については施設によって異なるため、利用予定の事業参加宿泊施設へ問い合わせが必要。

 市では9月30日まで、事業に参加する宿泊施設も募集。参加する場合は盛岡市交流推進部観光課まで連絡の上、必要書類を提出する。

 観光課の担当者は「この機会に盛岡市内の宿泊施設を利用してもらいたい。利用することが施設の応援にもつながっていく。何かと自粛ムードが続く中、こういった事業で少しでも県民・市民の皆さんに気分をリフレッシュしてもらえれば」と呼び掛ける。

 事業の実施期間は10月31日の宿泊まで。期間中に予算の上限に達した場合は終了する。事業参加施設は市のホームページに一覧で掲載する。