暮らす・働く

盛岡でも新型コロナ影響広がる イベント自粛・短縮営業・休館相次ぐ

営業時間の短縮を知らせるカワトク店頭の貼り紙

営業時間の短縮を知らせるカワトク店頭の貼り紙

  • 59

  •  

 盛岡市内では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、イベントの自粛・中止や、商業施設の短縮営業、臨時休館などが続いている。

 盛岡市は、市主催のイベントなどについて原則として自粛することを発表。市内の公共施設を使ったイベントの開催についても、できる限りでの自粛を呼び掛けるほか、ホームページで開催中止・および延期になったイベントなどについて一覧で掲載している。併せて、ホームページでは感染症に関する情報も発信している。

[広告]

 市内の百貨店「パルクアベニュー・カワトク」(菜園1)は5日から31日まで営業時間を短縮。開店と閉店の時間をそれぞれ1時間ずらし11時~18時とした。「イオンモール盛岡南」(本宮)と「イオンモール盛岡」(前潟)は3日から15日まで、総合スーパなどを除いた専門店部分の営業時間を11時~20時に変更。施設内のカルチャースクールや音楽教室、ゲームコーナーなど一部店舗は休業となっている。

 公共施設へも影響が広まる。「盛岡市子ども科学館」(本宮)は、2月末から3月末にかけて開催するイベントの中止、実施見合わせを決定。その後、3月4日から31日まで臨時休館している。「岩手県立図書館」「都南図書館」「盛岡市立図書館」でも読み聞かせ会などの図書館行事を中止・延期しているほか、閲覧席を減らしたり一部スペースを閉鎖したりといった対応を行っている。

 都南図書館では学習ルームと食事ルームの使用を一時的に中止。入り口に消毒液も設置し、来館客への利用も促す。同館の職員は「対策を取っていること以外はいつも通りの雰囲気もあるが、学習室が使えない分、学生の皆さんの利用はいつもに比べて少ないように感じる。早く落ち着いてくれることを願うばかり」と話す。

  • はてなブックマークに追加