見る・遊ぶ

盛岡で「トランペット」が主役のコンサート 岩手ゆかりの奏者集まる

第2回のコンサートの様子

第2回のコンサートの様子

  •  
  •  

 「いわてトランペットソサエティ ITPS Trumpet Concert 2020」が1月19日、盛岡劇場(盛岡市松尾町)メインホールで行われる。

 「いわてトランペットソサエティ」は、岩手県にゆかりのあるトランペット奏者による集まり。現在県内の一般団体で演奏している人や学生時代に県内で音楽を学んでいた人などがメンバーにいる。普段は異なる団体やジャンルで活動している奏者同士が集まり、一つのコンサートを作り上げることで互いのつながりを深め、刺激を与え合い、それぞれの演奏の幅を広げることを目的に設立。2018(平成30)年に初めてコンサートを開催し、今回が3回目となる。

[広告]

 トランペット奏者らによるコンサートは過去にも例が少ない企画だという。同団体の北澤慶樹さんは「今までやったことがない企画だったので、スタート時は不安もあった。来場者アンケートの感想などをみても、満足してもらえたのではないかと感じている。私たち演奏者も交流を持つ良い機会になっている」と話す。

 今回のプログラムでは、ムソルグスキー作曲の組曲「展覧会の絵」をトランペットのみで演奏するほか、映画やテレビなどで耳にする「トランペットが大活躍する」楽曲を集めたメドレーも聞きどころ。宮古市出身のプロトランペット奏者・牧原正洋さんをゲストに迎え、牧原さんのオリジナル曲「SAMURAI」も演奏する。

 現在、メンバーは本番に向けて練習を重ねている最中。北澤さんは「より良い演奏になるよう、ギリギリまで調整を続けていきたい。3回目で豪華なゲストも迎えてのコンサート。有名な曲も多いプログラムなので、知っている曲が必ずあるはず。ラッパ吹きの皆さんはもちろん、音楽に詳しくないという皆さんも楽しめると思うので、気軽に足を運んで」と呼び掛ける。

 13時30分開場、14時開演。前売りチケットは一般=1,000円、学生=500円(当日は各500円増し)。盛岡劇場内の「喫茶てあとる」のほか、伊藤楽器店、安倍管楽器SERVICE、東山堂クロステラスセンター、ランディア東山堂、カワトク、アネックスカワトクで取り扱う。

  • はてなブックマークに追加