買う

岩手の「いいイロ」インク第2弾発売 冬らしい色合い、人気高く

今回発売した第2弾と第1弾のインクが並ぶ

今回発売した第2弾と第1弾のインクが並ぶ

  •  
  •  

 筆記用具のセレクトショップ「pen.(ペン)」(盛岡市菜園)は12月13日、岩手各地域の良さを色で発信する「いわてのいいイロ発信プロジェクト」で展開する色を表現したオリジナル万年筆インク「いわてのいいイロ COLOR INK」の第2弾を発売した。

第2弾のインクそれぞれの色合い

 「いわてのいいイロ発信プロジェクト」は、復興庁の「新しい東北」先導モデル事業の一つで、県内各地の風景や文化、工芸品などの地域資源から「岩手の色」を選定し、その色にまつわる物語と共に、地域の魅力や価値を県内外に広く伝え、次世代へ継承することを目的としている。

[広告]

 プロジェクト自体は2014(平成26)年にスタートしたものの、なかなか色を使った商品化などの実現には至らなかったが、「pen.」の代表・菊池保宏さんがプロジェクトに強く共感し、「色を楽しむ商品」として万年筆インクの販売を企画。今年3月に第1弾を販売すると、すぐに品薄・完売状態となる人気ぶりだった。

 菊池さんは「このプロジェクト自体を知ってほしいという思いからスタートした商品で、インクを通して少しずつ、少しずつ広まっているように感じる。このインクをきっかけに店を訪れる人や、万年筆を使い始める人もいてうれしく思っている」と喜ぶ。

 第2弾では秋から冬にかけての季節に合わせ、漆のあでやかな朱色を表現した「浄法寺 うるわしレッド」、南部鉄瓶の青みがある黒をイメージした「南部 くろがね」、光が反射しほのかに青白く見える雪原を思わせる「八幡平N40°(エヌヨンマル) ホワイト」の深い色合いの3色を発売。文具メーカー「セーラー万年筆」の協力の下、全て職人の手作りで製造されている。

 第2弾の発売と同時に、第1弾の「陸前高田 ゆめブロッサム」、「種山高原 ギャラクシーブルー」「岩手県旗 グリニッシュグレイ」も再販売。発売1週間前に告知したところ、県内外のほか国外からも問い合わせが来たという。各色24本ずつ製造したが、第2弾は予約の時点でほぼ完売状態。特に人気なのが「八幡平N40° ホワイト」だという。

 第1弾の販売は再販も含め今回で3回目。岩手県旗に使われる緑色を帯びた深い青色を表現した「岩手県旗 グリニッシュグレイ」は毎回完売し、現在は桜並木をイメージした「陸前高田 ゆめブロッサム」、満天の星空をイメージした「種山高原 ギャラクシーブルー」がわずかに残っている。

 第2弾、第1弾共に再販売については未定。状況が見え次第、随時告知する。プロジェクトで展開している色は全12色あり、来年以降には第3弾、第4弾の発売も予定している。

 「今回製造した24という数は決して少ないわけではなく、万年筆インクとしては多い方。それだけ興味を持っている人がいるということ」と菊池さん。「インクだけではなく、それぞれの色が持つ物語を伝えたい。ぜひ第3弾、第4弾ではどんな色が出てくるかも楽しみにしてもらえれば」と呼び掛ける。

 インクは50ミリリットル入りで1本3,300円。入荷状況は「pen.」のフェイスブックなどで告知する。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019