見る・遊ぶ

盛岡でナガノチサトさん初の個展 描き下ろし作品多数

NAGANO CHISATO EXHIBITION “グッドナイト”メインビジュアル

NAGANO CHISATO EXHIBITION “グッドナイト”メインビジュアル

  •  
  •  

 ブックストア「BOOKNERD(ブックナード)」(盛岡市紺屋町)で4月22日から、イラストレーター・ナガノチサトさんの個展「グッドナイト」が開催される。

 ナガノさんは雑誌「CREA」の表紙イラストや、CDジャケット、商品パッケージイラストなど多岐にわたって仕事を手掛け、2017年には作品集「生活の線」を出版。この作品集を同店で販売したことが、個展の開催につながったという。

[広告]

 店主の早坂大輔さんは、「生活の線」をきっかけにナガノさんの作品に触れた。早坂さんは「イラストの世界観や、線のはかなさ、それぞれの作品に付けられた詩的なタイトルなど、本当に魅力的に感じていた。言葉で言い表すのは少し難しい」と話す。

 その後、早坂さんからナガノさんへ「個展を開かないか」と提案。ナガノさんからも「東北には行きたいと思っている」と返事が来たが、当時、ナガノさん側が忙しい時期だったためすぐには開催に至らず、約1年越しに実現にこぎ着けた。

 個展では16点の作品を展示し、ほとんどが今回のために描き下ろされたものだという。展示作品自体の販売と共に、ポストカードと新作の作品集の販売も行う。個展のタイトル「グッドナイト」には、SNSが主流になる中で、情報に流されてしまう状況や他人の暮らしがうらやましく見える状態から離れて、自分らしさを見つめ直してほしいという思いと、「眠る前のひとときのように自分を取り戻す時間を」という意味が込められている。

 初日の4月22日にはナガノさんも在店予定。早坂さんは「個展の開催が決まった時は、うれしさもあったが驚きもあった。展示のために描き下ろされた新しい作品や作品集もあり、めったにないスペシャルな機会になる。ちょうど連休に当たるので、立ち寄ってもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は12時~19時。5月6日まで。4月23日は休み。

  • はてなブックマークに追加