見る・遊ぶ

盛岡で初心者マラソン教室開催へ 「いわて盛岡シティマラソン」に向けて

練習会場には岩手県営運動公園のランニングコースも

練習会場には岩手県営運動公園のランニングコースも

  •  
  •  

 10月に行われる「いわて盛岡シティマラソン」に向け、初心者に向け指導する「走ろう!チャレンジ『初心者マラソン』教室」が4月から月1回のペースで開かれる。参加者の募集が3月11日に始まる。

 盛岡市陸上競技協会が主催する同教室。今年10月に開催する「いわて盛岡シティマラソン」に向け、フルマラソン大会初参加の人や初心者を対象に、ゆっくりと楽しみながら完走することを目指して長距離の走り方を教える。

[広告]

 初心者向けの教室を開くきっかけの一つに、他の地域で行われているマラソン大会では、地元からの参加者が多いことがあるという。市陸上競技協会理事長の吉水宗男さんは「せっかく地元で開催されるなら挑戦してみたいと思っている人は多くいると思う。でも、初めてフルマラソンを走るのは大変で難しい。そういった皆さんの力になりたい」と話し、「走りながら盛岡の歴史や文化に触れてほしい。42キロを走りきる達成感を感じてほしい。これをきっかけに、マラソンを生涯スポーツにしてもらいたいという思いもある」とも。

 教室は全6回で、4月から9月まで月に1回のペースで開催。1回目はフルマラソンの完走をテーマにした座学や用具の確認、ウオーキングやジョギングを行う。2回目以降から基礎トレーニングや長時間のジョギングなどをスタート。大会間近の教室ではマラソンコースの試走も予定している。

 指導者には同協会から佐々木幸彦さん、千葉信彦さん、塚田美和子さんなど経験豊富なコーチが参加し、岩手大学の学生やゲストランナーも加わる。盛岡にも素晴らしい指導者がいることを広く知ってもらうのも、教室を開催する理由の一つになっている。

 吉水さんは「全くの初心者でも大歓迎。長い距離を走りきることで、自分に自信がつくと思う。教室や大会を通じてこれから選手として活躍することを目指す人が増えたらうれしい。マラソンで皆さんが元気になってもらえれば」と呼び掛ける。

 参加費は全6回で3,500円(1回のみの場合は1,000円)。参加者の募集は3月11日~25日。定員は30人程度。申込用紙に必要事項を記入の上、盛岡体育館(TEL 019-652-8855)へ郵送・メール・ファクス。応募者多数の場合は抽選を行う。

  • はてなブックマークに追加