食べる

リンゴの「ピンク色」生かしたギフト ホワイトデー見据え、かわいい色で

リンゴ由来の成分でピンク色に仕上がったジュースとコンフィチュールのギフト

リンゴ由来の成分でピンク色に仕上がったジュースとコンフィチュールのギフト

  •  
  •  

 「すっぱい林檎(りんご)の専門店。」(盛岡市上田1)は2月15日、リンゴ由来のピンク色を生かしたギフト商品「ギフトバック【ミルキーピンク】」を発売した。

 酸味の強い品種のリンゴにこだわり、ジュースやジャムなどのオリジナルリンゴ商品の企画・販売を行う同店。イベントやネットで販売を行ってきたが、昨年11月に実店舗をオープン。商品を組み合わせたギフトの販売にも力を入れてきた。

[広告]

 今回発売した「ミルキーピンク」は、通年使えるギフト商品だけではなく、贈るシーンごとに特化した商品を作ろうと企画。ホワイトデーのギフトは男性が購入するためか、白や青系の色を使ったラッピングが多いことに気付き、ピンク色のギフトを思い付いた。

 同店を運営する「キミドリ」の藤野里美さんは「ホワイトデーのギフトコーナーを眺めていると、シックなデザインやシンプルな色合い、特に青色が多く使われているように感じていた」と話し、「せっかくなのでかわいらしい色合いのものもあればいいのにとずっと考えていた。受け取る女性の好みに合わせて選んでもらえたら」と話す。

 ギフトに入っているのは「すっぱいりんごのジュース《レベル4》」1本と「ハートが入ったりんごのコンフィチュール」1瓶。両方とも酸味が強く果肉が赤いリンゴ「紅(くれない)の夢」を使い、リンゴ由来の成分でピンク色になっている。「紅の夢」のジュースは女性からの人気が高く、しっかりとした酸味に加え、甘味も感じられるのが特徴。コンフィチュールは、普段販売しているジャムよりも砂糖の量が少なく、酸っぱさを生かした味に仕上げた。コンフィチュールの中にはハート型にスライスしたリンゴの果肉も入っている。

 藤野さんは「何といっても、リンゴだけの色でピンクになっているところに注目してほしい。こういう品種のリンゴもあることを知ってもらいたい。誰かに贈り物をする機会が増えるシーズンだと思うので、ホワイトデーだけではないプレゼントにも使ってもらえれば」と呼び掛ける。

 価格は1,500円。数量限定。実店舗のみで取り扱う。営業は金曜・土曜・日曜の11時~19時。2月・3月はイベント出店などのため不定期営業。営業スケジュールはホームページに掲載する。

  • はてなブックマークに追加