天気予報

26

8

みん経トピックス

盛岡市内で老舗の閉店続く岩手町に光の花畑

「もりおか雪あかり2018」スタート 街なかを温かい光で包んで

「もりおか雪あかり2018」スタート 街なかを温かい光で包んで

ハート型に並べられたスノーキャンドル

写真を拡大 地図を拡大

 「もりおか雪あかり2018」が2月8日から盛岡市内各所で始まった。

 「もりおか雪あかり」は市民や観光客の交流、地域活性化などを目的に毎年開催し、今年で14回目となる冬の風物詩。盛岡城跡公園芝生広場ともりおか歴史文化館前広場をメイン会場、盛岡駅前滝の広場やもりおか町家物語館など市内11カ所をサブ会場とし、手作りのスノーキャンドルに火をともし、盛岡の冬の夜を温かく照らす。一昨年と昨年は雪不足に見舞われたが、今年は十分な積雪があり、会場には多くのスノーキャンドルが並んだ。

 8日に行われたオープニングセレモニーで佐藤光彦副市長は「寒い中盛岡を訪れてくれる皆さんを何とか暖かくおもてなししたいという思いで始まったイベント。今年は雪の量も多く、市民の皆さんの協力もあり開催できた。多くの人の心にぬくもりをもたらし、思い出に刻んでもらいたい」とあいさつ。佐藤副市長をはじめとする関係者らが点灯式を行い、今年の雪あかりが開幕した。

 市民らが制作したオリジナル雪像が並ぶ「雪あかりアートコンクール」には12団体が参加。キャラクターや動物、植物などをモチーフに、来場者の目を楽しませた。中に入れる雪像や滑り台が付いた雪像もあり、子どもたちが楽しむ姿も見られた。雪像に置いたキャンドルに火をともした状態を採点基準とし、芸術性や美しさを審査員と来場者らが審査。9日18時から表彰式が行われ、入賞作品には賞状と副賞を贈る。

 子どもと会場を訪れた女性は「子どもたちも楽しみにしていたイベント。昨年は雪が少なくて残念だったが、今年はキャンドルも雪像もたくさんあってとてもきれいでにぎやか。寒いけれど、雪あかりの火を見るとほっとする」と話す。

 点灯時間は17時~20時。今月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

子どもたちに1番人気の「コーヒーアイスクリーム」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング