3密を避けて新しい生活様式へ!

盛岡で林業就業希望者向けガイダンス 岩手の森に次世代の担い手を

森林での仕事の様子。当日は林業従事者の話も直接聞くことができる

森林での仕事の様子。当日は林業従事者の話も直接聞くことができる

  • 45

  •  

 「ジョブカフェいわて」(盛岡市菜園1)で1月24日、林業就業希望者に向けた総合相談「森林(もり)の仕事エリアガイダンス」が開催される。

 同ガイダンスはジョブカフェいわてと林業への就業促進や人材育成などを行う「岩手県林業労働対策基金(岩手県林業労働力確保支援センター)」が共同で開いているもの。岩手は広い森林面積を有し、スギやナンブアカマツなどの針葉樹、ケヤキやナラ類などの広葉樹など豊かな森林資源が広がる。県内では2000人以上が林業に携わっているが、高齢化が進んでいるという。そこでガイダンスなどを通じて林業に就いて紹介し、若い世代の担い手を増やすための取り組みを積極的に行っている。

[広告]

 ガイダンスは2部構成。第1部は「林業を知ろう!<林業のしごとトーク>」と題し、林業業界の概要や支援制度などを紹介。県内4つの林業事業体から経営者や従事者を招き、詳しい仕事の内容ややりがいについてなどのトークも行う。第2部は「林業の仕事に就いて詳しく聞こう!<しごと相談会>」となり、参加する4つの事業体がブースを設け、求人情報や待遇面、応募条件など就業に向けた詳しい情報を説明。併せて、基金による林業への就業相談も受け付ける。

 同基金の東根末次郎さんは「県内で林業に携わる人の多くが50代以上。岩手に広がる豊かな森林資源を未来につなげるためにも、新しい担い手の力が必要となってくる。未経験の人をサポートする制度もあるので、まずは林業の仕事が一体どんなものか知ってもらいたい。一緒に岩手の山で働こう」と呼び掛ける。

 開催時間は14時~16時。参加無料。申し込みは不要だが、「ジョブカフェいわて」では事前の電話連絡(TEL 019-621-1171)を勧めている。

  • はてなブックマークに追加